読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

ピアノの森最終話あらすじ結末ネタバレ

漫画「ピアノの森」を今回ご紹介。色町の森に捨てられたピアノから世界へと飛翔する少年と彼を支えた師の物語「ピアノの森」を今回ご紹介。東京から片田舎に引っ越してきたピアニスト志望の小学生・雨宮修平は、いじめっ子から庇ってくれたクラスメイト一ノ瀬海(カイ)とともに、歓楽街森の端(はた)に隣接する森へピアノを弾きに行きます。壊れて音が出ないはずのピアノをカイは素晴らしい音色で弾きこなす。カイの非凡な才能にかつてピアニストだった音楽教師・阿字野壮介も気づき、阿字野はカイをピアノの世界へ誘います。感動で心を浄化したい人、必見です!どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「ピアノの森」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

ピアノの森(1) (モーニングコミックス)

著作:一色まこと
26巻 完結

目次

  

ピアノの森  漫画あらすじ

森のピアノは、その少年を待っていた――。捨て去られたピアノ。壊れて音の出ないピアノ。いま、ひとりの少年の選ばれた指が、失われた音を呼び覚ます。少年の名は一ノ瀬海(いちのせかい)。彼は心に深く豊かな森を抱えていた。



 

ピアノの森  漫画 登場人物 

★一ノ瀬 海(いちのせかい)

ピアノの天才である小学5年生。小さな頃から森に置かれたピアノに親しみ、彼だけが音を出すことができ、軽々と弾きこなします。

 

★阿字野 壮介(あじのそうすけ)

自動車事故に遭い手を負傷し引退した天才ピアニスト。カイの非凡な才能を見抜き、世界に出すため懸命に指導します。

 

★雨宮 修平(あまみやしゅうへい)

東京からカイのクラスに転校してきたピアニスト志望の少年。カイと友達になりますが、カイの才能に嫉妬し苦しみます。

 

ピアノの森  漫画 ネタバレ

 

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「ピアノの森」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「ピアノの森」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

有名ピアニストを父に持つ雨宮修平は転校早々、音楽室でガキ大将の金平から「森のピアノを弾いてくるか、チンコ見せるかどっちか」の「度胸試し」をしろ、と言われます。学校の近くにある大きな森にはピアノが一台あり、壊れているのに夜になると音がする。雨宮が怯えていると、突然バーンとピアノの音が響く。クラスメイト、一ノ瀬海(カイ)でした。ピアノの音は出る、とカイは言い、金平と取っ組み合いのけんかに。金平が「インバイの息子のクセしやがって~!!」とカイを嘲ります。カイは、やはり森に隣接し、学校でも近づかないよう指導している環境最悪の色町「森の端」の娼婦・怜子が15歳の時に産んだ子でした。音楽教師・阿字野壮介が来て、生徒達は教室から出ます。阿字野は、一人ピアノカバーに隠れて悔し泣きしているカイに「茶色の小瓶」を弾いてやります。
曲が終わり、カイは出てきて阿字野が音を外した所と遅れたところを正確に指摘します。「茶色の小瓶」は阿字野が編曲したオリジナルで、1年前に授業で数回聞かせただけの曲でした。森のピアノも、実は阿字野が天才ピアニストとして全盛の時に自分用に作らせたピアノであり、鍵盤を通常より重く作って他人は弾きにくい、阿字野だけのピアノ。交通事故によって手を負傷し、引退せざるを得なくなってタダ同然で譲ったピアノを森で見つけ、3年前に弾いた時には既に音は出なくなっていました。
翌日、カイは雨宮を誘いピアノの森へ。まるでステージのように、木漏れ日を浴びてグランドピアノが1台置かれています。雨宮が弾いてもやはり音は出ません。ところがカイは聴いたこともないカッコイイ音色で「茶色の小瓶」を弾きこなします。しかも数回聴いただけで覚えたと言う。雨宮はカイに才能を感じます。
森のピアノを弾いたことを金平に言いますが、「インバイの息子は人間じゃないから証人になれない」と言われ、またカイと金平は喧嘩になってしまう。結局雨宮は「チンコをみせる」ことで金平を納得させます。泣きながら森へ行ってカイに会い、母親の怜子からカイが3つの時に部屋からピアノの上に落ち、それからピアノがカイのオモチャになったと教えられます。雨宮はカイを自宅へ誘いピアノを弾かせます。ところがカイの弾くピアノは音が大きすぎ、やかましいだけで何の曲かも分からない。カイは雨宮の母親に音の狂いがある鍵盤を指摘し帰ります。
雨宮の母親は音楽教師が憧れの天才ピアニスト・阿字野壮介だと知り、息子を阿字野の弟子にしようと学校へ出かけます。雨宮の母は一ノ瀬という少年を弟子にしているではないか、調律師でも気づけない音のずれを指摘した、と食い下がりますが、阿字野は断り、またしてもカイの才能を見せつけられる。阿字野は雨宮にピアノの森でのことを尋ね、確かに森のピアノで「茶色の小瓶」を弾いたことを知ります。カイに会おうと、阿字野はピアノの森へと入っていく。
一方カイは、母親の怜子が現れずイラついた客に襲われかけ、森へ逃げます。ピアノをメチャクチャに弾きまくって心を落ち着けた後、カイは「茶色の小瓶」を弾き始める。その音を聴いた阿字野は思わずカイに近づいて手を掴み、言う。「一緒にピアノをやらないか この手は…選ばれた手だ ピアノが…選んだ手だ!」
しかしカイは、断ります。
カイは再び雨宮宅を訪れ、雨宮が全日本学生ピアノコンクールに出場することを知ります。そして課題曲であるモーツァルトの「ピアノソナタヘ長調 K(ケッヘル)280」を聴いてすっかり気に入ってしまう。阿字野からピアノをやろうと言われ断った事を伝えると、雨宮は自分が阿字野から断られた事を明かし、気にせず教えてもらうよう勧めます。阿字野がカイを選んだと知り、カイが帰った後、真剣な面持ちで練習を始める雨宮。
カイは音楽室に行き、モーツァルトの肖像画の前でK280を口ずさみます。それを偶然見た阿字野がピアノで同じ曲を弾く。阿字野はカイが肖像画を指すままに、その代表曲を弾いてやります。そしてショパンをカイが指さし、「子犬のワルツ」を弾いた時、カイは「ショパンと出逢った」と思う。
弾いてみないか、と言う阿字野にカイは断りますが、阿字野はさらにもしピアノを教えてほしくなったらいつでも来るよう伝えます。
カイは森で阿字野が弾いた曲を弾きますが、「子犬のワルツ」だけがなぜか弾けません。ついにカイは阿字野の許へ行き、「先生!俺にショパンを…ショパンを教えてください!」と頼み込む。
その様子を雨宮が見ていました。カイにとっていいことになったにも関わらず雨宮は腹立たしい、すっきりしない思いを抱きます。
阿字野は住んでいる寮の物置をカイのレッスン室にして、同じフレーズを音階を変えて繰り返す指の運動をさせます。単調でメロディもない、果てしない繰り返しにカイは鍵盤が歪んで見えるようにさえなりますが、阿字野は合格をくれません。学校では喧嘩の止めに入った雨宮に突っかかって絶交状態、練習は面白くない、困り果てたときにレッスン室の天窓から月光が差してきます。カイは阿字野に教えられた通り自分の一番好きな場所、森をイメージして弾き始め、普通のピアノでも自分の音で弾けるようになります。阿字野にも合格を貰い、子犬のワルツを弾くことができたカイ。阿字野は、ショパンが弾けなかったのは、カイの柔軟性と運動能力をピアノが受け付けなくなっていると考え、ピアノの寿命が近い事を悟ります。
ショパンが弾けるようになり、金が払えない代わりの「取り引きだ」というカイに阿字野は、「全日本学生ピアノコンクール」地区予選に出場するよう言います。雨宮とも話し、全力で勝負することを約束するカイ。
阿字野のレッスンは楽譜と阿字野の演奏したテープを渡し、「お前のK280を弾け」と言うもの。カイは阿字野の模倣しかできないまま当日を迎えます。しかしカイは曲の途中で急に演奏をやめ、脚で靴を放り上げ裸足になって自分の音で弾き始める。森の中にいるような素晴らしい演奏に、観客はスタンディングオベーションで応え、カイは初めて自分が認められ、求められる喜びを味わいます。しかしカイの演奏は審査では認められず落選、譜面通り完璧な演奏をした雨宮は予選通過しました。
阿字野は怜子に言う。「彼のピアノは日本では狭すぎる だから世界に出しましょう。私がカイを世界に連れて行く」。
雨宮は本選に出場し、大会初の満点で優勝します。一方森のピアノは音が出なくなり、ついに壊れてしまう。そして森に雷が落ちた時ピアノは炎上。カイは一番の宝物を失います。
ピアノが無くなり、店で働くカイに女将が客引きをさせようとします。怜子はピアノのあった場所に寝ているカイに言う。「森の端を出てピアノを弾くのよ」
カイは再び阿字野の許へ。あの時生き残ったのは、カイを世に出すためだったのか、と思う阿字野。
幾多の困難を克服し、二人は数年後ショパン国際コンクールに挑戦、世界的演奏家達と競いあいます。見事優勝し、今度は阿字野にライバルになってほしいと言うカイ。カイの最高の恩返しが胸を打つ、感動のラストです。

 

ピアノの森  漫画 感想・口コミ

カイのために奔走し、音楽以外の事もいろいろと指導する阿字野とそれに応え成長していくカイの師弟愛に感動しました。ピアニスト達の奏でる音楽の表現も素晴らしく、音楽がどれ程人の心に潤いを与えてくれるかを教えられました。

 

ピアノの森  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「ピアノの森」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「ピアノの森」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪

エマージングあらすじネタバレ結末

漫画「エマージング」を今回ご紹介。突然、体中から血を吹き出し破裂するという怪死事件が起こる。そこに居合わせた人たちは、その血を浴びてしまった。その中の一人のあかりを通して、家族や友人、恋人、ただの通りすがる人たちにまで感染していく。この伝染病は何なのか、未知なる病を治す術はあるのだろうか。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「エマージング」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

エマージング(1) (モーニングコミックス)

著作:外薗昌也
2巻 完結

目次

  

エマージング  漫画あらすじ

新宿で、ある男が大量の血を吐き、謎の死を遂げる。彼の検死をした小野寺と関口はその死因がウイルス性の感染症だと推測する。一方、女子高生・岬あかりは偶然その事件の現場に居合わせるが……。緊迫の医療サスペンス!!

 

 

エマージング  漫画 登場人物 

★岬あかり(みさき あかり)

女子高生。大島と交際している。思いやりがあり優しい性格。友達と帰宅途中、変死事件に巻き込まれる。

 

★山田(やまだ)

体調不良の男性。風邪だと思っていたが、全身から血が吹き出し、後に死亡する。

 

エマージング  漫画 ネタバレ

 

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「エマージング」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「エマージング」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

ある会社のトイレで血管が浮き出、目から血が溢れてきている男性が一人、鏡を見て動きがとれないでいた。
一方、絆創膏を貼った指を少し嬉しそうに見つめる女子高生のあかり。彼氏の大島の為に愛妻弁当を作った際に包丁で切ってしまったのだが、彼の大会が近いから栄養バランスのとれたものを食べてほしいという思いから傷なんて大したことではなかった。しかし、大島はあかりの友達からは不評で、「デカイだけが取り柄の原始人」と言われるほど。まだ付き合っているのかと呆れられてしまうが、あかりにとっては大好きでとても大切な存在だった。大島はボソボソの話すので、何を言っているのかサッパリわからない、まさに原始人のような喋り方なのだが、あかりにはちゃんと伝わっており会話が成立する。「大会が終わったらデートに行こう」と誘われたらしく、涙を浮かべながら幸せを噛みしめるあかりだった。
そして、一方のある会社では酷く体調を
悪そうにしている男性(山田)がいた。リストラに比べたら、こんな風邪大したことないという山田だったが、咳も止まらなくなり、とても辛そうな様子に同僚から勧められ、ようやく早退し病院へ行くことにした。目には見えないが、山田が咳をするたびにウイルスや菌は社内に飛び散っていた。帰り支度をする山田だったが、朝着て来たスーツの上着が何故か入らない。なんとか無理やり羽織り、退社する山田の姿を後ろから見て同僚は「あんなに太ってたか?」と違和感を感じていた。山田はそのまま電車に乗り、電車内でも咳は出続け、ウイルスや菌
は電車内に散らばっていた。
また一方で、放課後あかりは友達とファーストフード店に立ち寄っていた。人が触ったところを触りたくないと除菌スプレーを散布する友人。ふと、除菌スプレーは悪玉菌だけでなく、善玉菌までやっつけてしまうので、良くないと聞いたことを思い出す。ファーストフード店で休憩した後、店を出て帰宅途中、横断歩道で信号待ちをしていると、隣には目を真っ赤にして目や鼻から血を流し、服がパンパンに張り裂けそうで苦しそうな男が立っていた。喧嘩でもしたのかと気になっていると急に男の背中側の服が裂け、鼻や口、目や耳などあらゆる穴から血が吹き出し始めたかと思うと、さらに口から勢いよく大量に血を吹き出し、男性の体はまるで破裂するかのように腫れ上がり、体中から血を噴出し、バタバタと暴れることで血は飛び散り、その周りにいた人たちはその血を浴びてしまった。しばらくすると男性は動かなくなり死んでしまったようだった。その男性は山田だった。あかりもその血を浴びてしまい、絆創膏をした手には山田の血が付いていた。

 

エマージング  漫画 感想・口コミ

エボラではないと書かれていたけど、エボラと症状が似ていて、実際に存在するウイルスに似てると思うとリアルでとても怖かった

 

エマージング  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「エマージング」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「エマージング」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪

クダンノゴトシあらすじネタバレ結末感想

漫画「クダンノゴトシ」を今回ご紹介。旅行サークルの仲間7人で卒業旅行中、車で何かをひいてしまった。それは牛のようだが顔は人間という不気味な生態だった。それから7人の悪夢が始まる。
余命7日間と宣告され次々と死んでしまう仲間。死の宣告から逃れることはできるのか、もし7日後に必ず死ぬのなら自分が今するべきことは。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。
「クダンノゴトシ」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

クダンノゴトシ(1) (ヤングマガジンコミックス)

著作:渡辺潤
6巻 完結

目次

  

クダンノゴトシ  漫画あらすじ

卒業旅行帰りの大学生7人が事故で轢いてしまった、“異形の何か”。その出遭いこそが、悪夢の始まりだった。前途洋々だったはずの若者たちに、突如下される“余命7日間”の宣告。逃れる術は、無いのか――。『三億円事件奇譚 モンタージュ』の渡辺潤が描く、戦慄の“異形”ホラー!!




 

クダンノゴトシ  漫画 登場人物 

★辻本 光(つじもと ひかる)

22歳。大学4年。就職の内定なし。千鶴と付き合っているが、仕事が決まらないこともあり、後ろめたく別れたいと思っている。

 

★白石 辰巳(しらいし たつみ)

23歳。大学4年。卒業後は実家のコンビニを継ぐ。あゆみのことが好き。

 

★馬場あゆみ(ばば あゆみ)

21歳。大学4年。スポーツ用品メーカー内定。たつみのことを意識している。

 

★桜井千鶴(さくらい ちづる)

22歳。大学4年。印刷会社内定。光と付き合っている。光との時間を作るため大手企業の内定を断った。

 

★藤澤伸司(ふじさわ しんじ)

22歳。大学4年。出版社内定。

 

★小野寺洋太(おのでら ようた)

23歳。大学4年。スポーツジム内定。

 

★河合 舞(かわい まい)

22歳。大学4年。食品会社内定。

 

クダンノゴトシ  漫画 ネタバレ

 

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「クダンノゴトシ」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「クダンノゴトシ」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

7日後に必ず死を迎えるとしたならば、あなたならどうする?
旅行サークルの仲間男女7人で伊豆へ卒業旅行に来ていた。旅行サークルなのに伊豆ということに少々不満はあったが、温泉も料理も最高だったしそれなりに楽しめた。社会人になれば、みんなお金もなんとかなるだろうから、夏ぐらいに海外でも行こうかと話が出るも、みんな内定が決まっている中、ひとり光だけは内定が決まっておらず微妙な空気が流れる。「みんなが旅費出してくれるなら行ってもいいけど」とみんなの気を察して明るく返す光。
そんな話をしているうちに気づけば森の中でカーナビにも出てこない道に迷い込んでしまっていた。Uターンするか迷ったがそのまま突き進むことに。すると、道の先に何やら黒い塊があるのに気づき運転していた洋太が急ブレーキを踏むも間に合わず、その何かにドンっとぶつかってしまった。車のボンネットはぶつかった衝撃で変形しており、何かが飛び出してきてひいてしまったと話す洋太。動物か何かだと思うというが、人でなかったかどうかもわからたい。みんなで恐る恐る確かめに向かうと、そこには大きな立派な体格の牛が倒れていた。ひとまず人ではなく安心する7人だったが、牛はまだ生きており、血を浸らしながらゆっくりと頭を上げるとその顔は人間の顔をしていた。そして「雨…ガ降ル…、ソシ…テ、お前…ラ…ハ…」と何か話始めたが、あまりの不気味な生態に男たちは持っていた木の棒で何発も殴り、殺してしまう。急いで車に乗り込み、車はへこみまくっているので高速は乗らない方が良いと一般道を通りレンタカーを返しに行き、修理代はみんなで割り勘しようと話していたのだが、返したとき確認すると先ほどのことが何もなかったかのように傷一つ付いていなかった。
みんなで集団幻覚をみたのかと、呆然とみんな家に帰って行く。怖いから光に一緒にいてほしいという千鶴だったが、 自分も疲れているからと断る光。それなら明日、昼過ぎに電話するという千鶴に少しウンザリする光だった。そして次の日、光は突然、電話で千鶴に別れを告げる。卒業をしたら時間が合わなくなるし、フリーターとOLじゃ釣り合わないなど、いろんな言い訳をして一方的に別れを告げ電話を切る。実は、光は仲間内で一人、就活に失敗したこともあり、人生に疲れ自殺を考えていた。旅行中も実は自殺を考えており、朝方、散歩に出たと見せて崖の上から飛び降りようとも考えていたのだった。そして、自分の部屋でたくさんのお酒を飲み、遺書を残して、ドアノブに紐をかけて光は自殺した。…はずだった。
暗闇の中、聞こえる声。「起キ…ロ…」。千鶴かと思い、目を覚ますと、目の前には、あのとき撲殺した血まみれの人間の顔をした牛がたたずんでいた。そして「自ラノ死ハ…認メ…ナイ…。サァ…始マリダ…」と言い、気づくと牛は消えていた。
それから6日たち、死ぬに死に切れず、かといって前向きにもなれず、やるせない気持ちの光は、またみんなに呼び出され飲み会に参加していた。そこには千鶴の姿はなく少しホッとするが、女子たちから別れたことを責められ、席を外し外で休憩していると、辰巳が探しに来てくれて一緒に休憩する。千鶴とのことを励ましてくれる辰巳に、辰巳こそあゆみに告白したらいいと勧めると、「明日になっても生きてたらな」と青ざめた顔で話す。旅行から帰宅したあの日の夜、牛の化け物が現れて「7日後、死ぬ」と言われたという。7日後とは今日だった。あゆみに告白しないまま死にたくないと呟く辰巳だったが、話を聞いていた藤澤が公園の時計を指差し、もう0時を回り8日目になっていることを教えてくれる。ただの悪夢だったのかと少しホッとし、辰巳は改めてあゆみに告白をしようと気持ちを改め、あゆみの前に立ち「あゆみ、俺お前のこと」と言いかけた瞬間、公園の時計台が根元から折れ、辰巳の頭に降り落ちて来た。辰巳はその事故により死亡。そして辰巳が死んだのは8日目ではなく、牛の化け物の宣言どおり、ちょうど7日目だった。

 

クダンノゴトシ  漫画 感想・口コミ

7日間という死の宣告を受けたら、自分だったら何しようと考えさせられた。自殺しようとしていた主人公は、この先のストーリーでどういう7日間を過ごすのか気になる。

一巻ためし読みだったので読み始めたら、、、止まらない!辞められない、、、!息もつかさぬスピード感と、謎が謎を呼ぶストーリー展開。まんまと既刊最新刊までポチってしまいました。でも後悔はしていない、、、!!(苦笑) 続きが、、、気になります

三億円事件を題材にした前作が面白く、ついで的に読み始めたらハマりました。 時系列が違うので、2〜3回読むとなおいいです。最終巻が楽しみです。

 

クダンノゴトシ  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「クダンノゴトシ」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「クダンノゴトシ」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪