マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

うちへおいで!!~すべての子供に家庭を~【漫画】ネタバレ感想あらすじ

<スポンサーリンク>

大家族が里子を迎え入れるお話漫画「うちへおいで!!~すべての子供に家庭を~」を今回ご紹介。生まれた時から親を知らずに施設育った2歳ののあちゃんは、目つきが悪く人見知りが強かった!しかし、ハートフルな星成家に引き取られることでのあちゃんは…?実話を基にした感動ストーリーです。家族ドラマ、ノンフィクション好きにおすすめします!どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「うちへおいで!!~すべての子供に家庭を~」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

 

f:id:geinou0923:20160715083826j:plain

著作:ごとう和~kazu~
2巻 未完結

目次

  

うちへおいで!!~すべての子供に家庭を~ 漫画あらすじ

生まれた次の日、母親から離され乳児院で育った「のあ」児童相談所で2歳の誕生日を迎える頃、事情が有り直接「のあ」を育てられない母親に代わり里親として星成家が預かる事になった。「のあ」をいつか本当の母親に送り届ける為に家族が出来る事は・・・実話を基にした感動のストーリー。

 

 

 

 

うちへおいで!!~すべての子供に家庭を~ 漫画 登場人物 

★のあ

2歳の女の子。父親は誰かわからず、母親は覚せい剤で捕まって服役中。生まれた頃から乳児院で育ち、この度施設が里親を募集することとなった。人見知りが強く、目つきが悪い。

★星成 桃子(ほしなり・ももこ)

4人の子どもを持つ主婦。困っている人を放っておけない博愛主義者のため、その溢れる愛で常識はずれな考えが飛び出すこともしばしば。一度里子を預かった経験がある。

★星成パパ

桃子の夫であり、4人の子の父親。桃子の言動には寛大で、基本的に自由にさせている。桃子と子どもの潤滑油的存在でもある。

★星成 大和(ほしなり・やまと)

桃子の息子で中三。言いたいことは言う性格だが、優しい子。

 

 

うちへおいで!!~すべての子供に家庭を~ 漫画 ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「うちへおいで」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「うちへおいで!!~すべての子供に家庭を~」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

星成桃子(ほしなり・ももこ)は、児童相談所の面会室で里子引き受けの相談をしていました。自身には4人の子がいるにも関わらず里親登録をしている理由は、以前一時的に里子を預かった経験があり、その時「知ってしまったから」でした。何を?家庭で育ててもらえない子どもたちがいるということを…
桃子は2歳の女の子のあちゃんと対面します。第一印象は「目つきがワルい…」優しく挨拶をする桃子ですが、のあちゃんは大声で泣き出し職員にしがみつくのでした。
職員以外の人に会うのは初めてだったのあちゃんは、どうやら驚いてしまったようです。なぜ、誰ものあちゃんに会いに来ないのでしょうか?それは、母が覚せい剤の罪で服役中であり、父は誰かがわからないからでした。
桃子は職員に、もしのあちゃんを預かることを断った場合、母親のなり手はいるのかと尋ねます。現状として、里親希望者自体は増えているものの、やっぱり合わないからと施設に帰され、子どもの傷がさらに深くなるケースが多いという回答でした。
帰宅した桃子は面会の様子を家族に伝えます。4人の子どもたちはそれぞれ自分の意見を言いますが、中でも中学3年生の長男大和(やまと)は、「目つきが悪くて陰気くさいんだろー!?やめたほうがいーんでねぇ?」と、どうやら反対の模様。父親に援護を要請するものの、「これまで桃子ママのやりたいことを止められたことあったかい?」という強い一言をくらいます。悔しい大和は、弟らを見ながら「あ~も~お前らウチが貧乏になってもいーのか!?そんなに何度も里子を預かったらお金なくなるじゃないかよー他人よりまず我が子にお金使ってよ」とぐちぐち。これを聞いた桃子は、桃子らしい考えを発します。“この世の中に関係ない人なんていない、出会った人をたどっていけばみーんな知り合い。まして里子里親として出会うなんてものすごく深い絆があるとしか思えない。”と言うのです。桃 子はもうのあちゃんを知らんふりすることはできなくなっていました。
しかし、ここでパパの一声が入ります。今回、母親が覚せい剤で捕まって服役中という点を不安に感じていたのです。大和も、さすがにム所暮らしの人の子はまずいのでは?と追撃に入ります。
「了解」桃子の決心がつきました。
「のあちゃん やっぱりうちで預かりましょう!!」
殺人・盗みはつきあいきれないけど、覚せい剤は心の弱さが問題。のあちゃんを預かることで母親も立ち直るキッカケになれば…とまで思い始めていました。
次の面会日です。パパは南米出張のため、代わりに連れてこられたのは大和。桃子に嫌々ついていくと、子どもたちは絵本を読んでいました。のあちゃんは桃子には少し心を開いている様子でしたが、大和を見るなり変顔。絵本を落とし「や~~~~~~~っ!!」

 

うちへおいで!!~すべての子供に家庭を~ 漫画 感想・口コミ

里子問題に優しく入っていく感じが安心して読めます。桃子の溢れる隣人愛を常識的な大和の発言で上手いこと調和していると感じました。きっとこの家族に引き受けてもらえばのあちゃんも幸せだろうなと思いますが、一緒に暮らしていく内に様々な問題が起こるでしょう。星成家の未来はいかに?

 

出てくる人に良い人や純粋な人がおおすぎるような気もしますが、ゆったりとした気持ちで読めて個人的には好きです。里親と養子の違いなど、簡単な流れがわかるところもいいと思います。

 

自分は良い作品だと思いました、現実的には思春期の実子達があんなに素直に?とは思いますが一生懸命な親を目の当たりにしたら案外こうなるかも?と。ただ単に胸くその悪くなる作品よりずっと良いです。のあちゃんが将来幸せになって欲しいと普通に思いました。

 

里子に興味があります。実子が3人おり、以前教育関係の仕事をしていたので、桃子ママの考えにすごく共感できます。流れている川の話…私も何とかしたい、他人事とは思えないと常々思っていました。 このお話でシステムが少し理解できました。現実にはもっと大変なことや大きな壁がたくさんあるのだろうけど、自分にできることからやりたいという誠実な考えに私は胸を打たれました。購入し、読んで良かったと思います。私もいつか里子を自宅に招き入れたいという決意が強くなりました。本当の笑顔がこの世に溢れることを切に願います。

 

読み終えてとてもほっこりした気持ちになりました!自分の子どもやまわりの子どもたちも大事にしていきたいと思えるそんな作品でした。子どもが可愛らしく描かれていて好感持てました。

 

 

  

うちへおいで!!~すべての子供に家庭を~ 漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「うちへおいで」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「うちへおいで!!~すべての子供に家庭を~」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪