マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

官能小説家の烈情ネタバレ結末あらすじ最終回

<スポンサーリンク>

漫画「官能小説家の烈情」を今回ご紹介。入院している父親の借金返済でお金が必要な柏木志摩(かしわぎ しま)は1日2万円の高額バイトを求人情報誌で見つけて、小説家の家まで面接しに行きます。そこで出てきた人気小説家の秋月真琴(あきづき まこと)は高校の同級生の光太郎(こうたろう)でした。高校時代から小説を書いていた光太郎ですが、現在は官能小説家として成功していました。光太郎のところで働くことになった志麻ですが、そんな時に母親が倒れ入院してしまいます。父親と母親の入院費+借金を一人で背負うことになった志麻は、光太郎にお金を貸してほしいと頼みます。そんな志麻に光太郎は仕事の参考にもなると体と引き換えにお金を貸すことにします。お金のために体を差し出した志麻ですが、ある日自分が光太郎のことを好きになっていることに気が付き、仕事とお金のためだけの体の関係がどんどん辛くなってしまいます。光太郎に自分の気持ちを伝えることができるのか、また光太郎はそれにこたえてくれるのか。体の関係から始まってしまった恋だけに、志麻の気持ちが切ないです。一筋縄ではいかない大人の恋愛を楽しめる作品になっています。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「官能小説家の烈情」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

 

官能小説家の烈情(2) (フラワーコミックスα)

著作:刑部真芯
3巻 完結

目次

  

官能小説家の烈情 漫画あらすじ

高校時代の友人で、今は売れっ子官能小説家・光太郎と偶然再会した志摩。お金に困っていた志摩は、彼のアシスタントになったうえ多額の借金をしてしまう。返済方法は…彼に抱かれること!! 命令と快楽、彼の魅力に…!?

 



 

 

 

官能小説家の烈情 漫画 登場人物 

★柏木志麻(かしわぎ しま)

入院した父親の借金返済のため、求人情報誌に載っていた小説家の身の回りの世話をする1日2万円の高額バイトの応募をするが、小説家は高校の同級生の光太郎(こうたろう)だった。

★光太郎(こうたろう)・秋月 真琴(あきづき まこと)

志麻の高校の同級生。官能小説家で成功している。高校時代は小説家になるのが夢で作った小説を志麻に読んでもらっていた。官能小説家という仕事にコンプレックスを持っている。

 

 

官能小説家の烈情 漫画 ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「官能小説家の烈情」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「官能小説家の烈情」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

入院中の父親が作った借金のため、お金が必要な志麻は人気小説家の身の回りの世話をする1日2万円の高額のアルバイトに応募、面接に行った小説家の家から出てきたのは高校の同級生の光太郎でした。高校時代から小説を書いていた光太郎、それを読んでいた志麻。志麻は光太郎が書く小説が好きでしたが、光太郎は官能小説家になっていました。光太郎が書いた官能小説を声を出して読むように言われ、高校時代の光太郎が変わってしまったことに驚きつつも、どうしてもお金が必要な志麻は恥ずかしさを我慢しながら読み、光太郎のもとで働くことになります。働き始めてしばらくたった時、志麻の母親が倒れ入院・手術をすることに。お金が必要になった志麻は、光太郎にお金を貸してほしいと頼みます。その申し出に光太郎は、自分の仕事の参考にもなると1回10万円で体で支払うことを提案し、志麻はそれを受け入れます。仕事とお金のために体の関係を持った二人。志麻はやはり間違っていると思い、お金はいらないから、なかったことにしてほしいと頼みますが、光太郎に一蹴されます。光太郎の身の回りを世話しながら求められる時は体を差し出す志麻。そんなある日、光太郎に高校の同級生から手紙が来ているのに気が付き、光太郎に渡しますが捨てていいと言われます。内容を読んだ志麻は、みんなが売れっ子になった光太郎のお金目当てで連絡してきていることを知ります。また、突然来た光太郎の母親も光太郎のお金を当てにしていることを知ってしまいます。自分も同じだと 罪悪感を抱く志麻は、光太郎がなぜ変わってしまったのかがわかり、お金を借りたのは間違いだったと思うのでした。仕事のため、お金のために体の関係を持つ二人ですが、志麻は光太郎のことを好きだと気が付きます。しかし、歪んだ関係からそんなことは言えるはずもなく、だんだんと光太郎のそばにいることが辛くなっていきます。お互いが好きな気持ちは読んでいてわかるのに、体の関係から始まってしまっただけに言い出せない二人。光太郎の心の闇を志麻が取り除いてあげてほしい。性描写はありますが、ストーリーはピュアで切ない作品になっています。

 

官能小説家の烈情 漫画 感想・口コミ

精神的に不安定な部分がある光太郎を支える志麻。光太郎も志麻のことを大切に思っているのがわかるのに、それを言えない関係が切なくなります。昔はそれほど仲良くなかった同級生がお金があると分かっただけで近寄ってくる、そのうえ自分の母親までお金目当てだったら光太郎のようになってしまうのもわかる気がします。志麻も光太郎にお金を借りている身なので、罪悪感があり事態をややこしくしています。お互い自分の気持ちを、もっとはっきり言えばいいのにと少しイライラするところもありますが、それもいいスパイスなのかどんどんと先を読むことができました。最後、二人はハッピーエンドになるのか?!物語自体はそれほど長くなく3巻で完結しているので、サラッと読み終えることができます。ちょっとした空いている時間に読むのにはおすすめの作品です。

 

小説家の男性と、両親の病気によって借金を抱えた女性…作り話には良くあるシチュエーションですが、読み手が女性であれば、話の内容に憧れる人も多いのではと思います。 感情移入しやすい私にとっては、感動できました。

 

主人公の男性の想いの強さにすごくキュンキュンしました!幸せな余韻に浸れます。すごく好きな漫画です。エッチなシーンは露骨ではないので、もっとリアルでも全然良かったのになあと残念です。官能小説的な文になぞらえてもっと激しい描写があればゾクゾクできたのになあなんて思ってしまいました。

 

ストーリーに引き込まれてしまいました。漫画だけど小説を読んでいるみたい。「•••っ•••」は、個人的にそんなには気にはしないです。心の声を台詞化している感じかなあ?でもこれ以上、" っ" が増えれば、読み辛いかもしれない。* 小説家って、ひと癖 ふた癖 あって アシスタント やり辛そう!小説家の男性と女性アシスタントは、まだ "契約"のみの枕事情ですが、このふたりの関係はどうなるんだろう? という感じです。

 

絵が綺麗ですし、登場する男性がイケメンなので、全体的に楽しく読めました。

 

 

官能小説家の烈情 漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「官能小説家の烈情」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「官能小説家の烈情」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪