マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~【漫画】ネタバレ感想あらすじ

<スポンサーリンク>

漫画「命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~」を今回ご紹介。生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第一弾。派遣OLの森内は、ある日数年前に死んでしまった母親の遠い親戚の死を警察から聞き、後処理に向かった。いつもビンボーくじを引いてしまう自分に、なぜ私が・・・というおもいを抱きながら・・・。後処理を委託した業者は、意外と若い、これと言って特徴の無い男性。顔も知らない親戚の為に死の処理をしなければならない矛盾に腹が立ちその男性にも文句を言うが、淡々とこなすのを見て興味がわいたのです。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

 

命の足あと?遺品整理業社ヒューマンズ? 1巻 (嫁と姑デラックス)

著作:みきさえ
9巻 未完結

目次

  

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~ 漫画あらすじ

生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第一弾。派遣OLの森内は、数年前に死んでしまった母親の遠い親戚の死を警察から聞き、後処理に向かった。いつもビンボークジをひいてしまう自分に、なぜ私が…という思いを抱きながら…。後処理を委託した業者は、意外と若い、これといって特徴のない男性。顔も知らない親戚のために死の処理をしなければいけない矛盾に腹が立ち、その男性にも文句を言うが、淡々と仕事をこなすのを見て、逆に興味がわいた…。

 



 

 

 

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~ 登場人物 

★森内

この物語の主人公。自殺を考えていたが遠い親戚の遺品整理に立ち会った事で人生が変わる。

★社長

遺品整理で森内と出会う。のちに森内が働く事になる会社の社長。花粉症。

 

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~ 漫画 ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「命の足あと」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

遺品整理にきた40代くらいの男性を見て最後にお見合いした相手と似ているかもと思いながら話を聞いていた森内。淡々と遺品整理の基本料金を話す男性。その人はのちに森内が働く遺品整理会社の社長でした。家に入りたくないと主張する主人公の森内。実はこの遺品整理も元はと言えば遠い親戚にあたる人が亡くなって親戚だからという理由で頼まれただけなのだ。まさにふって湧いた災難だった。ある日警察から森内宛に電話があった。森内千代子宛の電話だったが既に母は4年前に他界していた。警察からの電話は遠い母の親戚の孤独死を告げたものだった。田中ハジメ55歳無職。会った事も声を聞いた事もない遠い遠い親戚。その親戚の身元確認に突然来いと言われて・・・。迷惑としか言いようがなかった。死後一週間・・・ベランダに蛆が発生しているのを隣人が不審に思い通報。警察と管理会社が中へ入り遺体を発見。事件性はなく死因は病死と断定されたが警察がやっと探しまわって見つけたのがこの私・・・ということになる。遺品処理業。こんな仕事がある事をその時まで知らなかった。淡々と死体との時期や内容などの今までの経緯などの話をする業者の男性。ふと森内が「自殺をするなら冬がいいですね、例えば自殺と決めたらお宅に予約を入れて後々人に迷惑のかからないよう。」と話したら、「人に迷惑のかからない自殺なんてあり得ませんから。」と言われる。
実は森内は自殺を密かに考えていたのであった。テレビや映画のような綺麗な自殺死体はなかなかないのだそうだ。はたまた変死死体が出るとリフォームしてもなかなか入居者我見つからなかったり、周囲の入居者が急に退去してしまい損失が大きくなり、補償問題になることもあるそうだ。仕事先でのイジメ、人間関係のストレス、失恋、孤独、借金・・・。自殺の引き金はいくらだってある。それに自分が死んでも誰も悲しむ人はもういない・・・。主人公の森内はそんな気持ちの中で生きていた。そして後は時期をみて決行するつもりだった。しかしそう思っていたのに・・・。人は必ずいつかは死にその生きた命の足跡を誰かに消してもらう時がくる。それはいつなのか誰にもわからない・・・。そして森内はついこの間まで自殺を考えていたのに、今ではその遠い親戚の孤独死の件で出会った遺品整理の会社に勤める事になったのだ。そんな森内が色んな人のさまざまな死の足跡を経験していく、そんな物語です。

 

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~ 漫画 感想・口コミ

人はいつかは必ず死にます。その生きた証を誰に処理してもらうか・・・。今後も需要が増えるであろうこの仕事。そんな遺品整理の仕事内容をわかりやすく、丁寧に描かれた作品です。遺品整理・・・映画や本でも話題になっていました。どんな死に方をすればどうなるかなども具体的に書かれています。そんな遺品整理業社で頑張る主人公のお話です。色んなケース毎に描かれていて大変読みやすかったです。

 

最近この業界は、テレビでとりあげられていたりします。 人が亡くなったあと、荷物を片付ける作業ならまだしも、ご遺体の「あと」を片付けなくていけないケースもある。やはりこういった業者さんがいると助かるなあとしみじみしてしまいました。 だけどどのケースの「あと」 にも、物語がある。 人ひとりがこの世にいた証。この遺品整理からさまざまなドラマが見えてきます。 若い女性の視点から描かれていて、入りやすかったです。

 

家族が自殺しました。部屋で亡くなったのではなかったので、清掃はありませんでしたが遺品整理の会社の方が整理して下さいました。この漫画を読んでいて、共感することも沢山ありました。まだまだ立ち直れず大学にも行けず1日寝ているだけの日が多いですがこの漫画に出てきた人たちのように、少しずつ以前の生活に戻ろうと思いました。

 

遺品整理業者をこの漫画で知りました。人によっては引き取り拒否するのを仕事柄知ってますが、うちの場合は供養もなく処分です。私も子ども達が巣立った後に孤独死の可能性高いので、色々と考えておかないと、と思いました。

 

この漫画を読んでて、先月祖母が亡くなり遺品整理をしてた時を思い出しました。祖母は死後2日で発見されて、少し布団にシミがありました。素人ができるのはこの漫画でも出てきた芳香剤、コバエが出てきてたのでコバエ取り…と疾駆八苦しながら片付けました。掃除するスィーパーなら聞いたことあり、この漫画王国で読んだものの、このような遺品整理の仕事があることは知りませんでした。祖母の遺品整理でも全てゴミで出せば葬儀屋の部屋を借りる程の金額になり、疲れから親は寝込み…とこのような仕事を知ってればと思わされました。自殺を考えることもあった分、この漫画で自分の命の大切さ尊さを思い知らされました。

 

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~ 漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「命の足あと」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪