マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

母は汚屋敷住人【漫画】ネタバレあらすじ感想

<スポンサーリンク>

漫画「母は汚屋敷住人」を今回ご紹介。お片づけコミックエッセイです。友人との同居生活を終えて実家に戻ってみた。すると…ゴミ屋敷だった! キッチンにはカビ、部屋中を走り回るネズミ、使いもしない冷蔵庫が4台etc。ここに住むためにはすべて捨てなければならない。工具を駆使して汚部屋の片づけを始めるのだが、最大の敵は「母親」だった!? 母親は病的に生活力ゼロの人。子どもの頃からまともな食事を作ってもらったことがない。洗濯の仕方や掃除の仕方など常識的なことは社会に出て、同居人から教わったほど…。荒れ果てた実家の汚屋敷で繰り広げられる、片づけられない母vs片づけたい娘!どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「母は汚屋敷住人」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

 

母は汚屋敷住人

著作:高嶋あがさ
1巻 完結

目次

  

母は汚屋敷住人 漫画あらすじ

「全部使う物だから、ゴミなんてひとつもない!!」 読むと危機感に襲われる!? お片づけコミックエッセイ!! 友人との同居生活を終えて実家に戻ってみると…ゴミ屋敷だった! キッチンにはびこるカビ、部屋中を走り回るネズミ、使いもしない冷蔵庫が4台、捨て方に悩むタヌキの置物…ここに住むためにはすべて捨てなければならない。30代独身女性はチェーンソーやバールなど、普通の片づけには使用しない工具を駆使して汚部屋の片づけを始めるのだが、最大の敵は腐ったゴミでもゴキブリでもネズミでもなく「母親」だった!? 母親は病的に生活力ゼロの人。今思えば子どもの頃からまともな食事を作ってもらった覚えがない。洗濯の仕方や掃除の仕方など常識的なことは社会に出て、同居人から教わったほど…。行政処分が先か!? 隣人からの訴訟が先か!? 荒れ果てた実家の汚屋敷で繰り広げられる、片づけられない母vs片づけたい娘の2年戦争!

 

 

 

 

 

 

母は汚屋敷住人 登場人物 

★高島あがさ

この物語の主人公。漫画家。母みつ子の片付けが出来ない事に頭を悩ませている。

★みつ子

主人公の母。生活力がゼロで片付けが出来ないやっかいな人。

 

 

母は汚屋敷住人 漫画 ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「母は汚屋敷住人」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「母は汚屋敷住人」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

この漫画の主人公の母みつ子は片付けが出来ない生活力がゼロの人。異常に片付けが出来ない上に家事も全般駄目な母。世の中数々の汚部屋は網羅しているもののこの母のすごい所は自殺した前の住人の遺品も大量にの残っているという事!!ちなみに主人公でもある作者の高島さんの部屋は睡眠薬自殺した場所です。母曰く、「うっかり薬飲み過ぎちゃったのよー」などとかなり能天気。霊感が無くてよかったなとしみじみ思う主人公。そんな母みつ子が一番やっかいもので、怖い人間なのです。これだけ衣食住が破綻している人間がまともな訳もなく、3秒毎に機嫌が変わるという・・・。老いた今でこそ、パワーは落ちたものぶち切れた時の迫力たるや園子温作品ばりにすごいらしく・・・。幼い頃から母というよりも家族の中のよくわからない人に定義されていました。あまりにも突拍子もない人物のため早々に「母親像」たるものを求める事を諦めていた主人公。ただ月日が経ち社会経験を多少なりとも積み、荒れ果てた家を目の前にした時に、実家の片付けが自分の子供としての最後の仕事なのではないかと思った主人公。この本は行政処分が先か隣人からの訴訟が先かという汚屋敷で100以上のゴミ袋を捨てて捨てて捨てまくり、更に粗大ゴミ代、そしてあげくにはチェーンソーで家具を解体という戦いの記録です。そう言えば主人公が小学生の時友人の家に遊びに行くたび床が見えるし、べたべたしてないそんな風に思っていました。この主人公の家ではお誕生会や、家庭訪問の時など、アコーディオンカーテンの向こうにゴミを押し込んでいました。ベランダには鳩のヒナの死骸が放置され・・・。なんだか変だと感じながら生活していたある日・・・・。ご飯をよそったら米の間からはゴキブリが顔をだし。掃除をせず、ひたすら溜め込む母冷蔵庫はもちろん台所の引き出しも使い捨ての調味料でパンパン。水回りも排水溝のネットも使わず食器もたまるがまま、結果ゴキブリが大量発生したのです。ゴキブリの卵のふ化した後やふんも大量にありました。そしてゴキブリほいほいには見事な大物まで・・・。しかし、典型的な汚部屋住人にありがちな触ったり捨てるとキレる性格の為ひたすら耐える主人公。そんなある日紅茶を入れたと言われて飲もうとするもぼんやりと油の膜がはってあり・・・。やはりやかんの中にはゴキブリが死んでいたそうな。その他にも食器棚の中には大量の卵・フン・死骸が・・・。さらに汚部屋あるあるで片付けられない人は飯もまずいという。今でこそ飯まず汚部屋も知れ渡っていますが当時はそれが普通でした。腐った食材を平気で使う、毎日のみそ汁や炒め物に合わない具材を投入して再利用。謎の創作料理など。そもそも肉じゃがやオムライスなど作ってもらった記憶が無いという。家庭の味って何だろう?そんな可哀想な主人公でした。そしてまだまだあります。レンジは異臭を放ち、トースターは真っ黒こげ。更に更に主人公の弟は学校の健康診断で栄養失調とまで言われる始末。そんな母に嫌気がさした父は別居、さらに引っ越しする際は大量の者を捨てられずにいたため業者に頼む事になり無駄な出費。そんな母には一度片付けられないという前科の持ち主。なのになぜそれを知っていながら主人公は実家に戻る事になったのでしょうか?それは主人公が時とともに母の片付けられなさを甘くみていたからとのことでした。これから始まる主人公と母との2年間の壮絶な戦争の始まりの記録です。

 

母は汚屋敷住人 漫画 感想・口コミ

主人公の気持ちがもう痛い程分かりました。私の母も実は汚部屋住人だからです。ここまで酷くはないけどかなり似ててびっくりしました。実際家を離れて結婚して家庭に収まって振り返ってみると、こんな料理出て来たことないとか普通でないことが本当この本を読んでいて共感させられました。本当に片付けが苦手な人って料理下手くそだなって思います。本当あるある~って思いながら読んでいました。我が家も猫の死体そのまま放置だったりねずみごきぶりも普通な実家だったので家に帰りたくないとずっとおもっていました。やはり親がそんなだと本当に辛いししんどいです。やはりだらしない親は本当に困ります。こんな母には絶対になりたくないそう改めて思えた作品でした。

 

ゴミ屋敷の実状が知れて面白かったです。今まで、「ゴミ屋敷住人はどういう神経しているのだろう。理解できない。」と思っていたけど、病気なのですね。ただだらしないだけとか、めんどくさがりとか、そういう次元のものではないのだと知れました。もし身内や近所にこういう人がいたらどうするか…と少し考えさせられました。

 

汚部屋レベルではなく、テレビでニュースになりかねない、本物の溜め込み屋敷のお話です。なので、最後に母が矯正されるはずも無く、ただただこんな人間がいるんだなと、そして自分もゴミ捨てして綺麗に暮らさなければこうなってしまうかもと恐怖を感じた面では良い作品でした。 お片づけを学んだりーなどは出来ません、カルチャーショックレベルの溜め込み人間の生態を学ぶ漫画です。

 

マンガ読んで 同じだ!今まで 分かち合える人がいなかった!私の場合 父親がそうです。ホーダーという事を初めて知りました。私も作者と同じ、小学生の頃から両親は物を溜め込み 母は掃除しない。私が掃除&片付けしてた!今母は居ませんが 父親は自分の周りのみきれいにした感じにして 空き部屋などに物を押し込むのです。たち悪いー!この作家さんにマンガにしてもらえるならマンガにしてほしい!(私と親の片付けない症候群) のこと。

 

 

 

 

母は汚屋敷住人 漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「母は汚屋敷住人」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「母は汚屋敷住人」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪