マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

ダンボールで育った少女ネタバレ結末あらすじ感想

<スポンサーリンク>

漫画「ダンボールで育った少女」をご紹介。『ダンボールで育った少女』『きょううだい児』『こんなはずじゃなかった』『二人目の子供』という4作品から出来ています。本編は虐待の内容よりも人間関係や人の心の暗い部分が多く描かれています。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「ダンボールで育った少女」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

 

f:id:geinou0923:20160830180944j:plain

著作:真田魔里子
1巻 完結

目次

  

ダンボールで育った少女あらすじ

家賃滞納のため押しかけた大家によって発見された、汚物にまみれ痩せこけた少女。親のネグレクトにより5歳までダンボールに閉じ込められて育った子供が児童養護施設に保護されるストーリー「ダンボールで育った少女」、難病児の弟にかかりきりになってしまう親と放っておかれる長男の心の確執を描いた「きょうだい児」、ほか親の愛情を得られない子供たちの物語2作品を含めた4作品。

 



 

 

ダンボールで育った少女 登場人物

ダンボールの中に閉じ込められて虐待されていた女の子がダンボールの外の世界でで苦悩しながら
暮らすという世界観。

 

鹿島 沙羅(かしま さら)

5歳の女の子。虐待を受けて育ったため2歳ほどの見た目にしか育てなかった。ダンボールの中で暮らしていたため、排せつや食事が分からない。誰にも心を開けなかったが、優しく名前を呼んでくれ、海を見せてくれた夏美によって生きたいと願うようになる。

日向 夏美(ひゅうが なつみ)

1話に出てくる養護施設の新人教員。子どもに対して愛を持って接する事で傷ついた心を癒せると信じている。虐待を受けて育った沙羅を気にかけている。

沙羅の両親

21歳の若夫婦。家賃を8カ月も滞納していて部屋を確認したところ、ダンボールの中に女の子が閉じ込められており、ニュースで話題になり、のちに幼児虐待で逮捕される。娘をダンボールに閉じ込めておきながら夫婦で遊びまわっていた

古河 千代(ふるかわ ちよ)

養護施設のベテランの先生で沙羅の担当になる。反応のない沙羅に対してどう接すればいいか分からなくなる。

夏美先生

ひまわり養護院に入って来たばかりの新人の女の子。とても明るい性格で子供達に人気がある。昔から流行っている遊びを教えてあげて楽しませている。担当についてはいないが、沙羅の事が気になり積極的に行動を起こす。

薫ちゃん

養護施設の女子で大人を嫌っている。虐待を受けていて、施設に預けられたが沙羅の気持ちを汲み取って代弁した。

  

ダンボールで育った少女 ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「ダンボールで育った少女」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「ダンボールで育った少女」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

若い夫婦の家に家賃滞納の撤去作業にきたお大家がダンボールに入っていた沙羅を見つけました。本来は5歳になる沙羅は2歳ほどの体つきで排泄の処理をしてもらえなかったので全身ひどい皮膚病を抱えていました。栄養不足からくる病気を併発していて様々な病気を持ったまま施設に預けられる事になったのです。施設では新人教員として配属された夏美が子ども達と一緒に昔の遊びであるベーゴマやゴム飛びなどを教え、子ども達からも人気の先生でした。沙羅が来ると古河先生が担当になりましたが、反応のない沙羅に対してだんだんずさんな扱いをしてしまいます。夏美は沙羅の事が気にかかり、どうしても放っておけなくて、何度も名前を呼んだり遊びに誘ったりしていました。沙羅は自分に呼びかけてくれるその声が心地よくなっていました。ある日、薫が沙羅の反応がなくて世話の甲斐がない、と言った古河に対して『沙羅はひどい目にあったから生きたいと思っていなくて、だから体が成長しない、反応が出ない。この世界はただ耐えていくためだけの場所だと思っていて心を閉ざしている』と怒りました。それを聞いた夏美は夜勤の日に沙羅を連れ出して海を見せてあげます。世界は広くて美しい物もたくさんある、と伝えたかったのですが施設の園長はその行為に怒って夏美に謹慎処分を言い渡します。夏美が来なくなると子ども達は沙羅のせいで夏美が来なくなった、と暴力をふるいました。その結果、沙羅が夏美に助けを求めて初めて声を出して泣いたのです。園長はすぐに夏美を呼び出しました。夏美は沙羅に『もっと大きな声で泣いてごらん!自分の気持ちを表に出していいんだ』と伝えました。沙羅は夏美にしがみついて泣いたその日を境に成長が始まったのです。

 

ダンボールで育った少女 感想・口コミ

他の話も子育て中の人や、教育の場に居ればあるある話として共感できます。こういう問題を抱えた人がたくさんいる、として問題提起を考えながら読んでみてください。

 

最初はホラーかと思いましたが、色々、難題をクリアしていく過程がすばらしかったです!!

 

興味本位で読んでみたら、なんなんですか!この漫画は、いい意味で刺激がすごくて価値観が変わりました。読めてよかったです^^

 

最初からすごい展開で、あっという間に読み込んでしましました!!こんな漫画が出回っていいのでしょうか!?驚きを隠せませんでした。

 

  

ダンボールで育った少女を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「ダンボールで育った少女」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「ダンボールで育った少女」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪

 

 

danbo-ru.hateblo.jp

manga-netabare.hatenablog.jp

manga-netabare.hatenablog.jp