マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

バラ色の聖戦ネタバレ最終回あらすじ結末

<スポンサーリンク>

漫画「バラ色の聖戦」を今回ご紹介。2児の母で30才、専業主婦の真琴は、自分の時間がないほど育児と家事で大忙し。身なりや体型を気にせず過ごしていたら、脂肪がお腹まわりにバッチリ。それでも家族のためにがんばってるんだから気にしない、と思っていた真琴ですが、あることがきっかけでキレイになりたい!と思うようになります。ダイエットやモデルに関心がある人、主婦として奮闘している人にオススメです!どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「バラ色の聖戦」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

 

バラ色の聖戦(1) (Kissコミックス)

著作:こやまゆかり
19巻 未完結

目次

  

 

 

バラ色の聖戦 漫画あらすじ

主婦として全力で頑張ってきた毎日。でも私は女としての大切な何かを失ったのではないだろうか――。夫・敦司(あつし)の浮気相手の仲人をすることになった真琴(まこと)は、式当日、最後の妻のプライドとして、背筋を伸ばして入場する。その姿は、新婦すら圧倒するオーラを放っていた。式の後、カメラマンが声をかける「あなた変わりますよ」。真琴は美の再生を懸け新しい扉を開く! 失われたキレイを求めて――。主婦・真琴(30歳)の美への挑戦が始まる!

 



 

 

 

バラ色の聖戦 登場人物 

★三木真琴(みき まこと)
大阪在住、30歳の専業主婦。娘(愛理・6才)と息子(雄一郎・2才)の育児と家事で大忙し。女を捨てて大奮闘。173cmの長身がコンプレックスで猫背。


三木敦司(みき あつし)
35才。中途採用で苦労して銀行の課長になり、自分が妻子を養っているという自負がある。家事と育児は全て母親の仕事という態度。育児には消極的で、家事にいたっては手伝う気はない。真琴を家政婦兼子どもの母親と見ており、女としては見ていない。

 

田宮茜子(たみや あかねこ)
31才。一流のファッションモデル。モデルに関しては自分にも他人にも厳しい。真琴が憧れている。

 

中西紗良(なかにし さら)
28才。神戸在住の主婦だが、モデルとして成功することに執念を燃やしている。誤解が元で真琴を敵視するようになる。

 

バラ色の聖戦 漫画 ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「バラ色の聖戦」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「バラ色の聖戦」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

2児の母で専業主婦(30才)の真琴は、日々、育児と家事で忙し過ぎて、女を捨て身なりも体型も構わなくなっています。お腹に脂肪が沢山つき、態度もがさつに。それでも真琴は、家族のためにがんばってるんだからと気にしていませんでした。けれど、思わぬところで夫・敦司の浮気を知ります。敦司は35才で銀行の課長をしています。浮気相手は何と部下の婚約者! しかも敦司の上司の頼みで、その部下と婚約者(浮気相手)の仲人役を、真琴も引き受けなくてはならなくなります。敦司は浮気は一回きりの過ちだと真琴に謝りましたが、敦司が、浮気相手の女性に未練があることに真琴は気づきます。ショックを受けながらも、真琴は妻としてのプライドだけは守ろうと、披露宴会場に新婦の手を引いて毅然として入っていきます。173cmの長身がコンプレックスで、いつも猫背で歩いていた真琴が、しゃきっと背筋を伸ばし堂々と歩いて行くと、小柄な新婦よりも注目を集めます。その姿を敦司の同僚がカメラで撮ってくれ、モデルになればいいのにと真琴を褒めます。それからまもなく真琴は、東京で行われるダイエット&ヘアメイク企画のオーディションのことを知ります。「美生館」という会社のダイエット食品を3週間試してダイエットに成功した人を、プロのメイク係とスタイリストがキレイに生まれ変わらせてくれるという企画でした。真琴は、何もしないとこのままだ!と決心し、オーディションに応募します。オーディションの控室で、真琴は神戸在住の主婦、紗良と知り合います。意気投合した二人は友達になります。面接で真琴は正直に応募動機を話します。夫に浮気されたけれど、思えば自分も夫の前でダラケ過ぎていたから、キレイになって夫の気持ちを取り戻したい、自分に自信を持ちたいと。後日、真琴はオーディションに合格し、内緒でオーディションを受けていたことを敦司に話し、家事も育児も手を抜かないからダイエットのモニターをさせてほしいと頼みます。敦司は反対しましたが、真琴の決心が揺るがず、元はと言えば自分が浮気したことがきっかけだから仕方がないと渋々OKします。紗良も合格し喜ぶ二人ですが、モニター達のレオタード姿の写真撮影のとき、一流モデルの茜子が来て、キツい激励の言葉を発します。そして美生館の新商品がモニター達に渡されダイエット生活が始まります。ところが肝心のダイエット食品では、ほとんどダイエットができないことがわかります。真琴も1キロしか減量できず、1週間後、集めたモニター達をチェックしたスタッフ達はがっかり。でも、後から来た紗良だけは5キロも減量できていました。紗良は美生館の副社長にすっかり気に入られますが、スタッフの一人はトレーニングで痩せたのだと気づきます。真琴は茜子が言っていた「美は戦い」という言葉を思い出し、奮起して再びダイエットにのぞみます。今度はダイエット食品に頼らず、ウォーキングや食事の工夫も取り入れます。2週間後、ダイエットに成功した上位3名がプロの手で生まれ変わることになり、11キロの減量に成功した紗良が1位、真琴は4位でした。あとで紗良は、自分は元モデルで、一度はモデルを諦めたけれど、返り咲くためにこのオーディションにかけたと真琴に打ち明けます。お互いに励まし合い気持よく別れた2人でしたが、突然、紗良の1位は取り消され、真琴が3位になって、プロの手で生まれ変わることになります。紗良を心配する真琴でしたが、プロの手で自分が見違えるほどカッコよくなっているのに驚きます。その格好で少し外を歩くよう言われ、歩いてみると自信が持て真琴は楽しくなってきます。メイクやスタイリストにも魅力的だと言われ、真琴は自分が初めて認められたと嬉し涙を流します。そこに美生館のキャンペーンモデルに決まった茜子が、真琴と一緒に写真を撮りたいと言い出し、その写真は今回の企画を載せる雑誌に扉として使われることになります。夢のような時を過して帰ろうとしたら、紗良が現れます。紗良は、真琴が、紗良が元モデルだと暴露したから、自分の1位は取り消されたと真琴を罵り去っていきます。誤解だという真琴の言葉も聞きません。意気消沈した真琴でしたが、自分のモニター中、海外出張に行っていた敦司と外で待ち合わせ、キレイになった自分を見せて驚かせます。敦司は真琴がキレイになったと認めましたが、やはり真琴を女として見てくれません。真琴は自分がキレイになっても、ならなくても、敦司は何も変わらないのだと気づき、とても落胆します。そして雑誌のほうも、美生館の副社長の強い後押しで、真琴ではなく紗良の写真に差し替えられていました。紗良は茜子と2人で美生館のキャンペーンモデルをすることになり、真琴もこの2人を目指してモデルになることを決心します。その後、真琴は両親の協力を得て、東京の小さなモデル事務所に所属しますが、1年間でものにならなかったら辞めることを言い渡されての出発でした。真琴はモデル界の様々な厳しさを知り、何度も挫けそうになりますが、それでも努力していきます。真琴がどんなモデルになっていくのか、またモデルの仕事など真琴にできるはずはないと決めつけている敦司との仲はどうなっていくのか、展開にドキドキです!

 

バラ色の聖戦 漫画 感想・口コミ

外見より中身とよく言われますが、外見を美しく見せるために努力をする女性は、だんだん自分に自信が持てるようになって、内面がより輝いてくる、そんな女性へのエールを感じる作品だと思いました。また、育児と家事で忙殺され、自分というものが無くなり虚しさを感じている女性は、真琴を応援したくなると思いますし、この作品を通して、自分がやりたいことを見つけるきっかけになるかもしれません。是非読んでみて下さい!

 

いい意味でも悪い意味でも女って怖い‼女の嫉妬はcrazy! でも、言いたいやつには言わせておけばいい。神さまは必ず見ているから。

 

以前ドラマ化されてました。 モデル業界の話だけじゃなくて、主婦や母親や女性としての葛藤が面白いんです。 セリフもぐっときますよ!

 

 

 

バラ色の聖戦 漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「バラ色の聖戦」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「バラ色の聖戦」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪