マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

遮那王義経 最終回ネタバレ結末

<スポンサーリンク>

漫画「遮那王 義経(しゃなおう よしつね)」を今回ご紹介。漂太(ひょうた)。軽業師の一員。男らしくて、動きも素早い。ある日、リンがお初4人目に挑戦して成功したかと思いきや、バランスを崩して、落ちてしまいます。そこへ、漂太が素早い行動で身を乗り出してリンを助けます。この現場を見ていた常盤という女性に目をつけられ屋敷に連れていかれます。そこで、漂太だけほかの人と離れ離れにされてしまします。そこで、見たものは、自分と瓜二つの常盤の息子。この二人の青年の出会いからもう一つの義経記が始まります。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「遮那王 義経」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

 

遮那王 義経(1) (月刊少年マガジンコミックス)

著作:沢田ひろふみ
22巻 完結

目次

  

遮那王 義経  漫画あらすじ

京都の古い神社から見つかった古文書。そこには牛若丸(源義経)が、若干16歳にしてこの世を去ったと記されていた。驚愕のもうひとつの義経伝説がここに始まる! ──時は遡り平安時代末。京の都での出来事。旅芸人の少年・漂太は自分と外見が瓜二つの牛若丸(源義経)の身代わりを依頼された。漂太と牛若丸――二人の数奇な運命がここから動き始める。2004年、講談社漫画賞少年部門を受賞した傑作、開幕!

 

 

 

 

遮那王 義経  漫画 登場人物 

★漂太
軽業師の旅芸人一座。身軽で素早い動作で人目を惹きます。牛若丸と瓜二つ。

★常盤
藤原長成の女房。

 

遮那王 義経  漫画 ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「遮那王 義経」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「遮那王 義経」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

源平時代の古文書が出てきたことでもう一つの義経記の物語を解明していくことになるストーリーです!実は、牛若丸は16歳で死去していると古文書には書いてある。「承安4年弥生二十日牛若丸死去」!御年16歳…しかし義経の歴史が表舞台に現れるのは22歳からだというのだが。舞台は、平安末期。京の都で、旅芸人一座はいつものように道端で芸をしていた。が、いつもなら漂太が人の上に人が乗り、4人目の最後を飾るが、この日お初、リンが4人目を飾ることになった。しかし、リンは 成功したかと思いきや、バランスを崩してっぺんから落ちてしまいます。が、漂太はいち早くそれに気づき、リンを助けました。事なきを得ましたが、その現場にいた常盤という藤原長成の女房に見られ、屋敷に旅芸人一座は連れていかれます。果たして、旅芸人一座は無事屋敷の外に出ることができるのでしょうか?漂太は常盤の息子「牛若丸」と瓜二つということで常盤に目をつけられ、他の芸人とは別別にされてしまいます。果たして、生き残るのはどっちなのでしょうか?義経記もう一つの物語。すごく気になります。時代劇が大好き、平安時代が好き、源平合戦が好き、義経ファン、必見です!最終的にもう一つの義経記はどうなるのでしょうか?気になるわぁ~皆さんも是非、読んでみてくださいね!

遮那王 義経  漫画 感想・口コミ

この物語の冒頭、これは本当なのか?と思ってしまいました。本当のこと?義経16歳死去…気になります。
そして、もう一つの牛若丸物語本当に存在しているのか?それともこの漫画の世界だけのお話しなのか?
牛若丸は本当に死んでしまい、漂太が牛若丸として生きていくのか?この物語、続きがすごく気になります。
どんなストーリーが待っているのでしょうか?
続きが読みたくて読みたくて仕方ない私です。皆さんもぜひ読んでくださいね!!!

遮那王 義経  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「遮那王 義経」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「遮那王 義経」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪