マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

昭和元禄落語心中ネタバレあらすじ感想動画

<スポンサーリンク>

継ぐ重さと守る厳しさ。噺家たちが芸をつないでいく姿を描く漫画「昭和元禄落語心中」を今回ご紹介。ムショを出た強次は、服役中に観た有楽亭八雲の落語に惚れ込み、弟子にしてもらいます。八雲から与太郎と呼ばれ八雲の家に住み込むことに。家には養女小夏が同居していました。ある日師匠八雲の高座中にへまをやらかし破門されそうになり、与太郎は必死に謝り3つの約束を守る事を条件に赦されます。懸命に芸を磨く与太郎。与太郎は、落語界の将来を背負って立つ希望の星となれるか!?伝統芸能に興味がある人、必見です!どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「昭和元禄落語心中」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

昭和元禄落語心中(1) (ITANコミックス)

著作:雲田はるこ
10巻 完結

目次

  

昭和元禄落語心中  漫画あらすじ

満期で出所の模範囚。だれが呼んだか名は与太郎(よたろう)。娑婆に放たれ向かった先は、人生うずまく町の寄席。昭和最後の大名人・八雲(やくも)がムショで演った「死神」が忘れられず、生きる道は噺家と心に決めておりました。弟子など取らぬ八雲師匠。惚れて泣きつく与太郎やいかに……!? 昭和元禄落語心中・与太郎放浪篇、いざ幕開け!!

 

 



 

昭和元禄落語心中  漫画 登場人物

 

★有楽亭与太郎(ゆうらくていよたろう)
ムショ帰りのチンピラ。服役中に慰問に来た八代目有楽亭八雲の落語に惚れ込み、出所後八雲のもとに直行し弟子にしてもらいます。明るく愛嬌があり、周囲を和ませる雰囲気を持っています。

★八代目有楽亭八雲(はちだいめゆうらくていやくも)
当代一の噺家。踊り子を目指していたが脚の怪我がもとで踊りができなくなり、先代八雲に預けられました。志半ばで没したライバル・助六の芸の影から逃れられません。高い技術に裏打ちされた、しっとりとした艶っぽい芸風。

★二代目有楽亭助六(にだいめゆうらくていすけろく)
八雲とは対照的な、明るく、観客を引き込む天才肌の落語家でした。破天荒な素行で師匠の七代目八雲を悩ませます。落語の将来のことで師匠と口論になり、破門され、若くして事故により死亡。

★小夏(こなつ)
二代目有楽亭助六と、かつて八代目八雲の恋人であった芸者みよ吉の間に生まれた一人娘。両親が亡くなって八雲に引き取られますが、八雲が両親を殺したと恨んでいて、反抗的な態度をとります。

 

昭和元禄落語心中  漫画 ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「落語心中」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「昭和元禄落語心中」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

 

チンピラの強次は服役中に慰問に来た八代目有楽亭八雲の「死神」を観て一目惚れ、出所してすぐ弟子にしてもらおうと寄席に押しかけます。私は自分の落語と心中する、と弟子を採らない主義の八雲でしたが、「与太郎」(落語に出てくる、世間知恵の無い間抜け)と呼び、弟子にして家に住まわせます。家には、八雲のライバルであり友であった故二代目有楽亭助六の一人娘・小夏が住んでいました。与太郎はお手伝い兼運転手の松田さんを手伝って家の中の事をしたり、八雲にかばん持ちとして寄席に付き従ったり。どうやったら観客に笑ってもらえるか悩みながらも精進して前座になることができ、チンピラに戻るよう誘いに来た兄貴分に自分の落語を見せ諦めさせたりしていました。一方八雲は与太郎の落語を客席から観て、二代目助六が演った時と客席の雰囲気が似ている事に気づきます。
ある日与太郎は八雲が高座に上がっている最中にヘマをしてしまい、激怒した八雲に破門されそうになります。与太郎は小夏にとりなしてもらい必死に謝り、3つの約束を守る事を条件に赦されます。
その条件とは、助六・八雲の落語を覚えること、八雲より先に死なないこと、そして、落語が生きのびる道を探すこと。
八雲は自分が八代目八雲を受け継ぐまでを話します。
派手で明るく天才肌、遊んでいても仕事が舞い込んでくる助六。辛気臭く愛嬌のない八雲(当時菊比古)。落語に対する姿勢も芸風も違う二人でしたが、助六が師匠と口論になり破門されると、助六の芸を失うのを惜しみ八雲は助六を迎えに行きます。助六は娘小夏と暮らしていました。旅館で二人会を開き盛会に終わり、助六は気を良くした矢先、事故にあい亡くなってしまいます。八雲は目の前に居ながら助けられなかった…。八雲は小夏を引き取り、それまで助六のために固辞していた八代目八雲の名前を襲名したのでした。
昭和の末、落語の人気が下火になっている時期に与太郎は真打に昇進します。名前は三代目有楽亭助六。小夏の中の、そして八雲の中の二代目助六をどうやって受け継いでいくか。悩みながらも芸を磨き、テレビに寄席にと、落語を盛り立てていく与太郎。老いと衰えを自覚する八雲。発展と世代交代を繰り返し、観客に支えられ落語は受け継がれていきます。(第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞 第38回講談社漫画賞受賞作品)

 

 

昭和元禄落語心中  漫画 感想・口コミ


女を演じる八雲が妖しいほどに艶っぽいです。笑わせるだけでない、男性が娘、年増の悪女、花魁まで演じ分ける落語の魅力を教えてくれる漫画です。読み進めていくと、八代目八雲の、二代目助六への深く濃密な思いが伝わってきます。

八雲さんの色気がすごい‼ 引き込まれました。 粋で厳しくて優しくて。 寄席で落語を観てみたくなりました。

題名とあらすじから、堅苦しい落語の話なのかと思ったら、飛んだお門違い! 粋な師匠八雲と、底抜けに明るい与太郎の掛け合いが最高です。 落語に特に親しみがない方でも、凄く楽しめると思います。 1巻からにやっとする部分と、胸が熱くなる箇所が混在してます。まとめ買い検討中です。

 

昭和元禄落語心中  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「落語心中」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「昭和元禄落語心中」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪