読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

たいようのいえネタバレ感想試し読み夢小説DL

<スポンサーリンク>

男の子のような女の子と母親のような男の子の甘くせつないラブストーリー「たいようのいえ」を今回ご紹介。むかし 魔法のような家で 泣いても笑ってしまうような場所で きっと見えない魔法使いが住んでいると思っていた中村家がありました。基兄(ひろにい)には弟二人がいました。中村基(なかむら ひろ)は、中学2年生。しっかりしたお兄ちゃん、そして、面倒見のよい気持ちの優しい少年です。料理もじょうずです。が、両親を交通事故で亡くし、弟二人は親戚の家に行きました。が基は、両親のいた家に残り、家を守ると断固として親戚の世話になることを拒否して一人暮らし。そして、主人公「真魚(まお)」は中学2年生で基と同級生。幼いころから何かと中村家にいりびたり。しかし、そんな真魚の両親は自分のために一生懸命共働きをしていると思ってましたが…両親は離婚。母親は新しい男性と再スタート。父親につくのか、母親につくのかと選択を迫られましたが、母親には見知らぬ男性が隣にいます。そんな男性と一緒に過ごしたくなく、父親についていくと選択し、今のいる家はどっちにしても、出ていくことに。新しい家は 今の住んでいる家の2つとなりの駅。それでも、真魚は基の元へでかけていきました。が、そんな父との暮らしもいつしか新しいお母さんと連れ子が来て…居場所をなくしてしまいました。そこへ、基からの「「じゃあ 一緒に帰るか?」と。同級生なのになぜか基のほうがお兄さんに見えてしまいます。真魚のことをいまだに真魚(まぎょ)と言ってみたり…。そんな二人も17歳に…。幼馴染から恋に発展する予感もあります。ひとりぼっちでさみしい方、けなげに生きていくストーリーが好きな方、必見です!どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「たいようのいえ」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

たいようのいえ(1) (デザートコミックス)

著作:タアモ
13巻 完結

目次

  

たいようのいえ  漫画あらすじ

「今、この家に帰ってこなきゃいけないのが、すごくすごくうれしい――」……子供の頃、むかいの基(ひろ)の家に入りびたっていた真魚(まお)。その家に行くと必ず元気になれたから。数年後……父の再婚で家に居場所がなくなった真魚は、両親を亡くして以来、独りで家を守る基の家に住まわせてもらうことになったけれど……!? 年の差幼なじみ2人の、明るく切ないラブストーリー!

 

 

 

 

たいようのいえ  漫画 登場人物

 

★真魚(まお)
17歳。幼いころから両親の愛情に薄く、自分の居場所を最終的になくしてしまします。性格は外見は女の子なのに 男の子っぽくて言葉遣いも男の子のような女の子です。

★中村基(なかむら ひろ)
両親を交通事故で亡くし、弟二人は親戚の家に行きました。が基は、両親のいた家に残り、家を守ると断固として親戚の世話になることを拒否して一人暮らし。料理上手で、面倒見のよい優しい男の子です。何かと真魚を助けサポートします。

 

たいようのいえ  漫画 ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「たいようのいえ」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「たいようのいえ」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから 

 

むかし 魔法のような家で 泣いても笑ってしまうような場所で きっと見えない魔法使いが住んでいると思っていたおむかいに中村家がありました。基は、中学2年生。しっかりしたお兄ちゃん、そして、面倒見のよい気持ちの優しい少年です。料理もじょうずです。が、両親を交通事故で亡くし、弟二人は親戚の家に行きました。が基は、両親のいた家に残り、家を守ると断固として親戚の世話になることを拒否して一人暮らし。真魚(まお)は中学2年生で基と同級生。幼いころから何かと中村家にいりびたり。中村家には真魚の家にないものがたくさんありました。しかし、そんな真魚の両親は自分のために一生懸命共働きをしていると思ってましたが…両親は離婚。母親は新しい男性と再スタート。父親につくのか、母親につくのかと選択を迫られましたが、母親には見知らぬ男性が隣にいます。そんな男性と一緒に過ごしたくなく、父親についていくと選択し、今のいる家はどっちにしても、出ていくことに。新しい家は 今の住んでいる家の2つとなりの駅。それでも、真魚は基の元へでかけていきました。が、そんな父との暮らしもいつしか新しいお母さんと連れ子が来て…自分が座る場所に連れ子の女の子が腰かけていて…真魚は居場所をなくしてしまいました。本当はおなかすかしているけど、強がりを言い部屋に引きこもります。でも、おなかはすています。ちょっとでかけてくるといい、家を出ます。基から、外食一緒に食べ…基からの「じゃあ 一緒に帰るか?」と。同級生なのになぜか基のほうがお兄さんに見えてしまいます。そして、自分の妹の部屋片づけてあるからと真魚に使うようにと言います。
が、月日は流れ、基も23歳。プログラマーに。仕事中の癒しは彼女こと杉本さんの笑顔と携帯小説。携帯小説は仕事柄見る機会があってそこからはまってしまった。ハンドルネーム空海(そらみ)さんの「たいようのいえ」。空海の書く主人公の雰囲気が杉本さんそっくり。基はひそか杉本さんが空海ではないかと、いやそうだったらいいなと…。杉本さんはおかしなハンドルネームで小説を書いている。ひょっとしたら…そうあってほしいと願っている基。
しかし、あの日から真魚はいきおいとはいえ、基と一緒に暮らしている。昔から家にいて、家族同然だった真魚。うるさいけどにぎやか。幼馴染から恋に発展する予感もあります。幼いころから一緒にいるのが普通で、まだ気づいてないけど、一緒にいるのが当たりまえ。似たもの同士。この二人のこれからどうなるのか、気になります。真魚は基に彼女ができたかとか…。しかし、本当の気持ちは…。女の子なのに女らしくなく自分のこと、口にすることが苦手な女の子、甘く切ないラブストーリーが好きな方、必見です!最終的に鈴花と基はハッピーエンドになれるのでしょうか?気になるわぁ~皆さんも是非、読んでみてくださいね!

 

たいようのいえ  漫画 感想・口コミ

恵まれた家庭のように見えても、途中で両親が他界することで運命の歯車が狂ったり、かたや愛情に恵まれず、両親の問題で二度も自分の居場所を失い、それでも、基があの家にずっといたから、真魚も何とか少女時代を乗り切ることができて、最終的に落ち着ける場所はやはり中村家しかなかったみたいで…。もし基があの家から出ていたら、真魚は心の病にかかっていたのかな?とか。この二人はまだ気づいてないけどお互いがお互いを必要としていること、そして、結ばれたらいいなと思ってます。そして、中村家が真魚の安住の場所として定着してくれたらなと…。ハッピーエンド期待したいストーリーです。
この先、どうなるのか気になります。みなさんも、ぜひ読んでみてくださいね。

試し読みから購入してイッキ読みしました。あらすじにある通りラブストーリーなのですが、ベースにあるテーマは家族です。愛しているのに傷つくのが怖くて逃げてしまう、そんな家族のスレ違う心が丁寧に描かれています。悪い人が出て来ないのでイヤな気持ちにならずに読めます。絵もかわいいし(大人がかわいすぎて年相応に見えませんが)、今年一番気に入った漫画です。オススメです。

試し読みで続きが気になって、最後まで一気に読みました。とてもいいお話で、キュンキュンされっぱなしでした。

 

たいようのいえ  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「たいようのいえ」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「たいようのいえ」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね。