読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

アイシテル ~海容~【漫画】ネタバレあらすじ最終回

<スポンサーリンク>

漫画「アイシテル ~海容~」を今回ご紹介。愛する息子が行方不明に。息子の清貴(愛称:キヨタン)はおっとりした笑顔が似合う7歳の小学1年生。何の変哲も無い日、本当に何でも無い普通の日だったはずなのに。5分10分のすれ違いで息子は消えてしまった。それに関わっていたのは11歳の少年だった。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「アイシテル ~海容~」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

アイシテル ?海容?(1) (BE・LOVEコミックス)

著作:伊藤実
2巻 完結

目次

  

アイシテル ~海容~  漫画あらすじ

私の息子が殺された……。いつもと同じ日のはずだった。たった10分間の母親の不在を除いては――。下校時に行方不明になった7歳の清貴(きよたか)ちゃんが死体で発見されたのは行方不明になった翌朝。殺された我が子を受け入れられず呆然とする母親。やりばのない怒りと悲しみ、綻ぶ家族の絆――。そんな中、被疑者として保護されたのは11歳の少年だった!! 全ての母親に捧げる、渾身(こんしん)の物語――。

 

 

 

 

アイシテル ~海容~  漫画 登場人物 

★小沢聖子(おざわ せいこ)
二児の母で専業主婦。なかなか息子から子離れできず溺愛している。
友人と話し込んでしまい、帰宅した息子と入れ違いに。その後息子は遺体となって発見され壮絶なショックを受ける。

★小沢清(おざわ きよし)
聖子の夫。大らかな性格で家族を優しく見守り養っている。
長女と年が離れて生まれた息子を妻同様に溺愛している。

★小沢美帆子(おざわ みほこ)
小沢家の長女。中学生2年生。
弟に溺愛している両親に腹を立て、無条件で愛されている弟にも苛立ち「消えちまえ」と心の声が溢れ出す。
それが現実となり後悔している。

★小沢清貴(おざわ きよたか)
小学1年生。無邪気な性格でいつもニコニコしている。気になるものがあるとフラフラと気をとられる。
行方不明の末、撲殺され死亡。

 

アイシテル ~海容~  漫画 ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「アイシテル 」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「アイシテル ~海容~」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

 

いつもの朝。普段通りの家族の会話。
近々変質者が出ることから
美帆子に清貴と一緒に登校するように頼んだものの断られ、母の聖子が清貴と一緒に登校することに。手を繋ごうとすると「幼稚園じゃないからいい!」と照れながら払われ、成長を感じていた。

その日、偶然友人と会いランチを楽しんで帰宅すると玄関に清貴のランドセルが置いてあった。
帰宅時間を勘違いしており、清貴は5分10分前には帰宅していたようだった。

近くを探してもいない。
友人宅に確認の電話をするもいない。
暗くなっても帰ってこない。

警察に連絡し清貴の帰りを待つも
翌朝、清貴の遺体が発見された。

後に逮捕された犯人は11歳の男の子だった。

 

アイシテル ~海容~  漫画 感想・口コミ

野沢家がよくある普通の家族だけに、とても考えさせられる話でした。
いつもの光景に慣れすぎて子供の変化に気づけないのは怖いことだなぁと思いました。

読みたくてリクエストしました。まんが王国さんありがとう。 加害者の親に対する心情が清々しいくらいよく分かる。 しかしながら私も親なので… 被害者の親の気持ちも分かる…想像以上に辛いな…これは… 被害者親、加害者少年、物凄く感情移入できて、素晴らしいと思う。 読んでて辛いけど、キャラの感情表現が物凄く上手い

アイシテル ~海容~  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「 アイシテル 」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「アイシテル ~海容~」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪