読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

シックスハーフ ネタバレ結末あらすじ

<スポンサーリンク>

漫画「シックスハーフ」を今回ご紹介。記憶を失った女の子が過去と向き合い、乗り越え、未来に向かって歩きだす物語「シックスハーフ」を今回ご紹介。菊川詩織は原チャリで事故を起こし、記憶を失ってしまいました。優しそうな青年が兄だと言って世話を焼いてくれます。青年と家に帰っても自分の家のような気がしません。家には妹がいて、詩織をほぼ無視。理由は「喋ると腐った根性が伝染る」。学校での自分のうわさは最悪。私って一体、どんな娘だったの!?私の居場所はどこ!?詩織の、自分探しの日々が始まります。日々の生活に孤立感を感じている人、必見です!どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「シックスハーフ」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

シックス ハーフ 4 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

著作:池谷理香子
11巻 完結

目次

  

シックスハーフ  漫画あらすじ

バイクで事故った詩織は目覚めると記憶を失っていた。家に戻り兄・妹と暮らし始めるが関係はぎくしゃくするばかり。学校ではヒドい噂を流され孤立してしまう。過去の自分が分からず、居場所を見つけられない詩織は…!?


シックスハーフ  漫画 登場人物 

★菊川 詩織(きくかわしおり)
愛称しーちゃん。高校2年生。原チャリで事故をおこし、それまでの記憶をすべて失ってしまいます。優しく世話好きの兄と口もきいてくれないほど嫌われている妹に囲まれ、それでもこの家族を拠り所にします。

★菊川 明夫(きくかわあきお)
愛称あーちゃん。大学2年。父親亡きあと、菊川家を守ってきた長男。国立大学に通い、妹二人の面倒を見ています。いつもやさしく、瑞希という彼女ができますが、詩織が原因で別れることになります。

★菊川 真歩(きくかわまほ)
愛称まーちゃん。中学1年生。周りをよく見ているしっかり者。記憶を失う前の詩織からいじめを受け、詩織をほとんど無視します。でもそれは、事故後の詩織がいつ元に戻ってしまうかと思うと怖いし、許し方がわからないから。

★白石 開(しらいしかい)
自称詩織のカレシ。中学校の頃から50回以上も告白し、ことごとく振られました。事故前も記憶を失った詩織も好きだといい、詩織を支えはげまします。少しの間だけ、詩織と付き合うことができます。

 

シックスハーフ  漫画 ネタバレ

 

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「シックスハーフ」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「シックスハーフ」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

菊川詩織が目を覚ますと、そこには知らない人がいました。ここは病院らしい。声も体もデカいヤンキー、よかったと言って泣いて手を握る青年、われ関せずと本を読む少女。詩織のポカンとした様子に青年が
「僕とまーちゃんのこと分かる?自分の名前言える?」
と怪訝そうに尋ねます。
詩織は記憶喪失でした。
青年は明夫といい、詩織の兄。母親は父親と10年前に離婚して出ていき、父親は昨年他界。詩織は兄明夫、妹真歩と3人で暮らしていると明夫は言います。
退院して、自宅に戻っても自分の家のような気がしません。でも他に行く所はない。
詩織の部屋には、化粧品やアクセサリーがごちゃごちゃ並んでいます。そして壁のボードに貼られた自分の写真を見てあぜんとする。
長いつけまつげに、唇にはリップグロスを塗りたくり、ドヤ顔でピースサインするバカっぽくてケバい女-
しかも病院に居た白石開というヤンキーが家まで来て二人は付き合い始めたのだと言って迫ってきます。
加えて、妹は、詩織にほとんど口をきいてくれない。理由を聞くと、
「喋ると腐った根性伝染(うつ)るから」
気分を害する詩織。
外出先で会ったクラスメイト3人に勧められ登校しましたが、聞こえてくるのは自分の悪い噂ばかり。
いまどき援交してる、男とやりまくってた、完全病気持ち‥しかもその噂の情報源は登校を勧めた3人のうちの一人チカ!
チカは、自分が開を好きだと言ったとたん、好きでもない開と付き合い始めた詩織に腹を立てていました。メールで二度と学校に来るな、お前の居場所はもう無いとまでいう。
ショックで詩織は学校へ行かなくなり、明夫と真歩に一人で家を出るという。反対する明夫と言い合いをするうちに詩織はふてくされ、
「本音を言いなよ。あたしのこと鬱陶しいんでしょ‥嫌ってんでしょ」と背を向けてしまいます。
しかし、明夫は両手で詩織の頬を囲み無理やり自分の方を向かせます。
「誰がしーちゃんを嫌ってるの。俺はしーちゃんが大好き。大・大・だいすき。」
と、真剣な目で、きっぱりと言う。
いつの間にか真歩がお茶を入れています。3人そろってお茶を飲み、詩織はドロドロしていたものが消え、軽くなったような感覚になります。
今までは怖くて心細かったけれど、今は違う。絶対学校はやめない。ここで暮らすってきめたんだ。
一人でお弁当を食べてても全然寂しくない。あーちゃんとまーちゃんがいるし…。
そんなある日、明夫が飲み会に出て遅くによって帰ってきます。介抱しているうちに、いきなり一つの場面が頭に浮かぶ。冷たい目をした明夫が「俺はしーちゃんが嫌いだ」。
驚く詩織。これって記憶?まさかそんなはずはない-あれがホントなら、記憶が戻らなくてもいい。怖い。
そんな気持ちでいる時に、東京に行った明夫の元カノ、松本瑞希が現れ、二人は付き合い始めます。なんとなく気になる詩織。
明夫が瑞希と付き合って、初めて詩織は自分の気持ちに気づきます。
「あたしあーちゃんのことが好きみたい」
と、開にだけは自分の気持ちを伝えます。開は、事故前の詩織の笑顔が今の詩織にあるから、友達になってやると言ってくれていました。
兄である明夫への気持ちを振り切るために、詩織は事故前に応募していた読者モデルのオーディションを受けることにします。その陰で、明夫はオーディションの書類を複雑な面持ちで眺めます。
結果を待つ間に、3人と開は海へ行き、詩織は明夫と真歩にバイト代で買ったプレゼントを贈ります。自分のことをブス歩とよび、部屋に勝手に入ってはお金を取っていく、日記を見る、嘘をつく‥そんな詩織が突然いい姉になったことにとまどい、プレゼントを真穂は燃やし、ぼろぼろと涙をこぼす。
詩織は、嫌われていても、ずっとまーちゃんが好きだと明夫に伝えます。
詩織は最終選考の投票審査に残り、雑誌に写真が掲載されます。周囲もだんだんと詩織を見る目が変わってくるのですが詩織は選考に落選してしまいます。
しかし、東京の芸能事務所が詩織をスカウトに来ます。明夫に迷惑をかけたくない詩織は大人しく生きようと断りますが、事務所は明夫に直接連絡を取り、明夫に背中を押される形で詩織はモデルの仕事を始めます。
そして、何度も呼べば気持ちがふっきれるだろうと、
明夫に「お兄ちゃん」てよんでいい?と尋ねます。明夫と瑞希が結ばれたことを知りかなりショックだった詩織。
一方明夫は瑞希に、詩織と血が繋がっていないことを話します。
明夫は詩織の父親と元妻の子で、元妻が亡くなったため父親の許に引き取られました。そして詩織は、父親の後妻の連れ子-。真歩は明夫の父と、詩織の母の子でした。
瑞希は一つ屋根の下に、明夫が血の繋がっていない詩織と住んでいる事を不安に思います。
そんな中、詩織の写真集が出来上がります。明夫はきっと認めてくれると思っていた詩織でしたが、明夫は、「男に対して女ってことを売りにして仕事をするのがどういいうことか考えろ」と激怒し、写真集を破き部屋を出て行ってしまいます。
開までが「耐えらんねえ」と去っていこうとします。
結局明夫は詩織のマネージャーに説得され詩織の仕事を認め、開も詩織のことを思い切れず「好きだ」とまたもや告白し、海辺で詩織を抱きしめる。
クラスメイトのチカも詩織に謝ってきて、詩織はすべてが良い方向に向いているように思います。
しかし明夫は、瑞希から別れを切り出されます。原因は、詩織。「あのコが明夫ちゃんと一緒暮らしているのが頭がヘンになるくらい嫌で仕方がない」と瑞希は言います。そして「別れてください。ドロドロした自分の気持ちに疲れました‥」。
妹たちに明夫は瑞希と別れたことを告げます。いつもと変わらぬようにみえても、感情を押し殺していることが分かる詩織。明夫の寝ている所にそっと入って、後ろから抱きしめます。
事故から1年が経とうとしていました。開は、1日二人でどこかへ籠ろうと言い出します。
明夫もその時の事を思い出します。事故の数日前、詩織と言い合ったときのこと。
「ハッキリ言ってよ あたしが嫌いだって
そしたら解放してあげる ちゃんと妹になってあげる」
そして明夫は言ってしまう。「俺はしーちゃんが嫌いだ」
詩織の脳裏に突然浮かんできた冷たい目をした明夫は幻ではなく、確かに詩織の記憶でした。
その頃詩織は偶然、瑞希の母から、自分と明夫が血のつながりのない事を聞いてしまいます。ショックを受けながらも詩織は、この家族を失わないために内緒にしようと心に決める。
そこに、出て行った母が突然戻ってきます。そして一緒に住みたいと言い出します。親子3人で住むようにと明夫は出ていき、アパートを借ります。母娘3人の生活が始まりますが、詩織は明夫のことが気になりアパートを訪ねます。
部屋にはタバコ、酒瓶、ビール缶が散乱し、その中に、明夫がうつぶせに酔いつぶれていました。仰向けにさせると、明夫は泣いている。何故泣くのかと尋ねる詩織。明夫は詩織を引き寄せてキスし、抱きしめる-
ドクン、ドクン‥
明夫にキスされ、詩織に記憶が戻り始めました。部屋に居ても、仕事をしていても、小さな頃から事故を起こすまで記憶が、頭の中に流れ込んできます。望み通りお兄ちゃんができてうれしかったこと、あーちゃんと結婚すると言ったら「二度とそんな汚らわしいことは言うな」と父にぶたれたこと、明夫に、「二人共大切な妹」と言われ真歩が鬱陶しくなったこと、ずっと明夫の事が好きで、明夫を求め続けているのに届かないこと…
あーちゃんしか好きじゃない あーちゃんしか大事じゃない 他の事はどうでもいい…
記憶が戻り、詩織は会った時から明夫が好きだった事を知ります。
もう心は一直線に明夫へ。
そんな詩織の思いを明夫は受け止めてくれるのか?開の思いは何処へ行くのか。また押しかけて来た母が不穏な動きをしはじめます。
家族3人の行く末は?
詩織と明夫がそれぞれに悩み、周囲の助けを借りながら一つ一つ乗り越え、自らを解き放っていく過程には、感動がいっぱい詰まっています。

 

シックスハーフ  漫画 感想・口コミ

自分の過去を自分だけが知らないって、怖ろしいシチュエーションですよね。そんな中に腰を据えて、迷いながら自分の本当の気持ちに近づいていく詩織はオトコ前だなあ、と思いました。女子の底力を見せつけられる漫画です。開のキャパシティ無限大の快男児ぶりもいいなぁと思いました。

最後の最後でキュン死でした。 ずーっと焦らされて、途中からもうどうなるんだよ!!と思ってたけど、最後に納得! 一気に全部読んじゃいました(*^o^*) 超オススメです(o´∀︎`o)

幸せになってよかった!!! 詩織の可愛さに惹かれて読み始め、あーちゃんの少し情けないながらも良い男っぷりにページを捲り続け、段々と、初めは苦手だったまーちゃんが愛しくて仕方なくなりました。 最後は、自分が詩織であるかのように、「まーちゃんありがとう」と、泣きました(笑) 絶対に読んで損はない作品だと思います。 友人にもすすめたところ、友人も読み始めたそうです!!!

 

シックスハーフ  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「シックスハーフ」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「シックスハーフ」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪