マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

ハレ婚ネタバレ感想あらすじ

<スポンサーリンク>

漫画「ハレ婚」を今回ご紹介。どうしても『既婚者に独身だとだまされる恋愛』ばかりを繰り返してしまう22歳のヒロイン。フリーターをしながら東京で一人暮らしをしていたが、三度目の失恋を期に実家に帰ることに。しかし実家では父の入院、家業の喫茶店の危機など自分の知らない問題が起こっていた。あわてて父の入院先にむかうヒロイン。着いた病院では、見知らぬ男性に名を呼ばれ、抱き着かれてしまう。慌てて振りほどいて逃げるが、なぜ自分の名前を知っているのかなど疑問は解けないまま父の病室へ。ひとまず元気そうな様子にほっとして、実家である喫茶店へ帰る。これからは自分がこのお店を継ごうと張り切るが、なぜか猛反対をする母。そんな時、病院で抱き付いてきた男性が現れる。お店の常連客だったのだ。この男性に突然結婚を迫られるヒロイン。自分と結婚すれば、お店の危機 を救ってあげるという。その言葉と同時に一千万もの大金を差し出される。しかしすでに『2人の妻がいるので君は3番めだけどね』と平然と言い放つ。唖然とするヒロインだが、この町では最近合法になったことなのだという…。やがて母から知らされるお店を継ぐことへの反対の理由。それは、かの男性が気前よく支払った一千万と関係する事だった。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「ハレ婚」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

ハレ婚。(2) (ヤングマガジンコミックス)

著作:NON
10巻 まで配信

目次

ハレ婚  漫画あらすじ

――この家、壁の向こうにも妻がいる!? 今までのオトコがすべて既婚者(騙されてた)という恋愛運サイアクな主人公・前園小春。ふらっふらで故郷へ帰るが、そこではさらにありえない生活が待っていた!……なんと故郷は、少子化過疎化対策の特区指定で、“一夫多妻(ハレ婚)”がオッケーな町となっていたのだった!!! 



ハレ婚  漫画 登場人物 

★小春(こはる) 主人公。22歳。友人には『既婚者ハンター』と呼ばれるほどに既婚男性に遊ばれやすい。いささか軽はずみで、後先を考えない面がある。少なくとも3人以上の恋愛経験があるが(全て既婚者に遊ばれたらしい)実はセックスをキモチ悪いものだという思いを抱えている。

 

★伊達 龍之介 (だて りゅうのすけ) 小春の両親が経営する喫茶店(カフェではない、昔ながらの喫茶店)の常連客。少年時代に小春に出会い、ずっと想い続けてきたと言うが、その想いはかなり歪んだ面がある。小春の実家の危機にポンと一千万円を出せるが、無職であるなど謎の多い人物。すでに2人の妻を持っている。25歳。

 

★ゆず 龍之介の最初の奥さん。外見は昔風のギャルというかヤンキーで、言葉遣いも方言丸出し(この方言から舞台が茨城県の北部だと分かる)。物欲が強くわがままだが、大変な料理上手でもある。現市長の娘。26歳。セックスに関しては非常に積極的。
まどか 龍之介の二番目の奥さん。伊達家の家計管理を担当している。控えめだが、洗練された美人。セックスに対する態度も同様。言動の端々にどこか影を感じさせられる。

 

★小春の父(こはるのちち) 喫茶店『るぱん』のマスター。入院中もエロ雑誌に夢中になるなど一見いい加減な性格だが、最後の最後で実は深い愛情を持った娘想いの父だったと分かる。

 

★小春の母(こはるのはは) 小春の父と共に『るぱん』を切り盛りしてきた。娘の性格をかなり把握している。その軽率な性格を心配してか、結婚した後で家出してきた小春を家に入れないなど、厳しい愛情をもって接する。

 

★松橋 うらら(まつはし うらら) 『るぱん』でアルバイトをしている女子高生。伊達家の4人の関係がはじめは理解できなかった。東京のカフェで働くのが夢で、『るぱん』でのアルバイトを選ぶ夢多き女子高生。 

ハレ婚  漫画 ネタバレ

 

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「ハレ婚」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「ハレ婚」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

タイトルの『ハレ婚』とは『ハーレム結婚』の略とのこと。つまり主人公、小春が産まれた町で実験的に始まった条例とは『一夫多妻制の結婚の推進』という事なのでした。少子化対策という事で、男性は4人まで妻が持てる町となったふるさと。しかも、ハレ婚をすると市から助成金や家(と言っても手入れされていない空き家ですが)まで支給されるというもの。龍之介と2人の妻はいち早くその条例にのっていたのです。一方、小春の実家は破産寸前という状態。父親が働けなくなったというだけではなく、その父が借金の保証人となっていたのです。多額の借金に、実家とその一階にある喫茶店『るぱん』もまた抵当に入っている状態。小春が継ごうとしたときにお母さんが猛反対をしたのには、そういう事情があったからだったのでした。そんな小春の実家の事情を察した龍之介は、大金で小春の気を引こうとします。はじめは反発する小春。しかし、実家の危機のためにと割り切って三番目の奥さんになる事を決意します。少し歪んだ性格のようでいて、でも決して悪意のあるわけでもない龍之介。そしてゆずとまどか。4人の奇妙な夫婦生活が始まります。物語が進んでいくうちに、小春が龍之介をどんどん好きになって行ったり、謎めいた龍之介や影のあるまどかの過去が明らかになるなど、コメディータッチですが起伏のある物語です。笑いあり、涙ありで、つい先が気になってしまいます。特にまどかが皆の前から姿を消すシーンでは多くの読者が涙を流した伝説の回となっています。また、結婚してしばらくしてから離婚を迫る小春の父。その真相にもまた、泣かされます。 

ハレ婚  漫画 感想・口コミ

一番に思う事は、ストーリーとは別に女性キャラクターの可愛さ、キレイさでした。青年誌で連載されているマンガという事で、適度にセクシー(女性が見ても嫌な感じがしない程度のちょうどいい感じのセクシーさです)で、可愛いです。小春、ゆず、まどかの3人はタイプの全く違う美女で、キレイに描き分けられています。小春は向こう見ずで考えも浅くてちょっと図々しいところもあるのですが、親思いで憎めない性格でもあります。この『良い所も悪いところもある。でも憎めない。』のは龍之介、ゆず、まどかにも共通しています。一夫多妻制なんてドロドロになりそうなテーマを込めティータッチで可愛く描かれています。適度にお色気シーンもあり、思わず泣いてしまうシーンもアリ…山あり谷ありのストーリーです。龍之介の過去、まどかが抱える『影』の理由…読んでいるこちら側の好奇心が巧みに刺激され、つい先が読みたくなってしまいます。物語がだいぶ進んでから出てくるうららもカワイイ。今後、うららがどう絡んでくるのかも、とても 気になる所です。

画がキレイ。 テンポがいい。 オモシロイ。 たまに見せる女の子の表情に、キュンときます☆ この先の展開も楽しみですっっ

ハレ婚だなんて男目線な軽いお話でしょ?でも絵が好みだから試し読みしよ…。気付いたら全巻購入してました。 続きが気になって気になって。すでに10巻が待ち遠しいです。 とにかく色っぽい絵と散りばめられたギャグがツボります。「夫婦とは何か」を考えさせられましたが、これからは「家族とは何か」を考えさせられる気がします。 自分は絶対にハレ婚は嫌!と思いながら読んでいたけど、こんな相手ならしょうがないかも…現実にいたら確実に惚れます。 奇抜な設定なのに違和感なく読めます。作者さん凄い。 男女問わず楽しめる作品だと思います。

ハレ婚  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「ハレ婚」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「ハレ婚」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪