読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

ReReハロ ネタバレ最終回あらすじ

<スポンサーリンク>

漫画「ReReハロ」を今回ご紹介。父の代わりに便利屋の仕事を代行することになったリリコ。初めての依頼者は登校中に見かけていた好青年の周防だったが、その時の印象とは違い自己中なワガママな性格で、追加で夕飯作りも頼まれることに。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「ReReハロ」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

ReReハロ【期間限定無料】 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

著作:南塔子
11巻 完結

目次

ReReハロ  漫画あらすじ

まだ恋じゃないけど、ほっとけない男子ができちゃいました! 便利屋の父をもつ世話焼き女子・早川リリコ(高1)。一人暮らしを始めたわがまま御曹司の周防湊のご飯作りを頼まれてしまう。 母がいないリリコの大変さは倍増したけど、湊は、なぜだかリリコの生活になくてはならない人になっていく…!?



ReReハロ  漫画 登場人物 

★早川リリコ(はやかわ りりこ)
15歳。女子高生。5歳の時に母を亡くし、それから家事を務めて家庭を支えてきたしっかり者。料理が得意。

 

★周防 湊(すおう みなと)
リリコと同じ年のお金持ちの青年。一人暮らしの引っ越しの荷ほどきを便利屋に依頼したところ、女子高生のリリコが来たので不信がるが、作る料理を気に入り、これからもお願いすることに。

 

ReReハロ  漫画 ネタバレ

 

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「ReReハロ」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「ReReハロ」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

母を5歳のときに亡くしたリリコの朝は毎日大忙し、朝食作りにゴミ出しや家族の細かな面倒をみてバタバタと弟と登校する。近所の人から大変そうと言われるも10年も続けているとこんな毎日には慣れており、当たり前のようになっていた。それより大変なのは、1年前に父が脱サラし便利屋を始めたこと。依頼も少なく家計は赤字が続き、最近ようやく軌道に乗ってきた様だが、毎日遊んでるようにしか見えない父に嫌気がさしていた。電車に乗っていると、急に咳き込み出した女性に冷たい視線が刺さる中、さり気なくのど飴を渡す好青年を目撃し、親切さに心が洗われ見とれてしまった。学校から戻ると、父が倒れて病院に運ばれたと電話が入り慌てて病院へ行くと、急性腸炎でしばらく入院することとなった。目を覚ました途端、出かける支度をする父に理由を尋ねると便利屋の依頼に行かないと信頼を失くすと、頑として聞かない父。父をベッドへ突き飛ばし、自分が代わりに仕事をしてくると病院を駆け出すリリコ。依頼先の周防様の自宅へ行くと、そこにいたのは、朝電車でのど飴を渡していた好青年だった。優しい人だと、ほっとしたのもつかの間、おじさんが行くと言われていたのに何故女子高生が来たのか不信に思われ責め立てられる。事情を説明するとようやく信じてもらえ、引っ越しの荷ほどきをすることに。ものすごい量の荷物に1時間では終わらないと手伝ってもらえないか尋ねるも断られ、並べ方も細かくでも曖昧に指示され、どんどん好青年のイメージが崩れていく。しかし、周防も去年母を亡くしたことを知り、少し情が湧く。依頼はしてないがお腹が空いたから多少まずくても我慢するから何か作ってほしいという周防の言葉に乗せられ夕飯を作ってあげると、あまりの美味しさに満面の笑みで褒めてもらえ、片付けにやる気を出していると、明日からも夕飯よろしくとさり気なく言われる。

ReReハロ  漫画 感想・口コミ

絵が可愛いくて綺麗で好きです。登場人物がみんな性格が素直で好きなキャラが多いのも魅力的でした。 

 

ReReハロ  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「ReReハロ」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「ReReハロ」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪