マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

昭和元禄落語心中ネタバレ結末感想あらすじ

<スポンサーリンク>

漫画「昭和元禄落語心中」を今回ご紹介。昭和最後の大名人・八雲(やくも)が刑務所で「死神」の落語を一席興じたことが、この漫画の発端となります。八雲は弟子をとらないことで有名な落語の師匠。いつものように寄席のあと、寄席から出てきたところを、一人の男と出くわします。なんでも弟子にしてくれと…。これが、主人公「与太郎(よたろう)」です。与太郎は刑務から出てきたばかり、帰る家もありません。なんでも、刑務所で八雲師匠の「死神」を聞いてから、落語が忘れられず、師匠の元にかけつけ、弟子入りいたいと懇願。弟子はとらないと決めていた八雲ですが、とりあえず「帰る家がないならと」次の寄席に一緒に行くことになりました。果たしてこのムショ帰りの与太郎は真打になれるのでしょうか?2人はの出逢い、弟子をとらなかった大名人八雲と与太郎の師弟関係が面白いストーリーです。落語が好きな方、師弟愛が好きな方必見です。果たして、どんな落語家に与太郎が成長していくのか?どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「昭和元禄落語心中」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

昭和元禄落語心中(1) (ITANコミックス)

著作:雲田はるこ
10巻 完結

目次

昭和元禄落語心中  漫画あらすじ

満期で出所の模範囚。だれが呼んだか名は与太郎(よたろう)。娑婆に放たれ向かった先は、人生うずまく町の寄席。昭和最後の大名人・八雲(やくも)がムショで演った「死神」が忘れられず、生きる道は噺家と心に決めておりました。弟子など取らぬ八雲師匠。惚れて泣きつく与太郎やいかに……!? 昭和元禄落語心中・与太郎放浪篇、いざ幕開け!!



昭和元禄落語心中  漫画 登場人物 

★与太郎

刑務所帰りで、行く当てもないが、ムショの中で「死神」の寄席を聞き、落語の世界に入り込み、八雲師匠の弟子入りを果たす。背中には大きな入れ墨があるが、これも武器にし、落語の寄席でお客様を笑わせてしまう。

 

★八雲

大名人落語家八雲。弟子はとらないことで有名。自分の落語は世に残さないと決めていた。落語と心中するとか。

昭和元禄落語心中  漫画 ネタバレ

 

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「昭和元禄落語心中」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「昭和元禄落語心中」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

弟子をとらないで有名な落語家と刑所を出ていく当てもない男の物語。八雲の弟子になりたくて、八雲が寄席から出てくるのを待っている与太郎。運転手に八雲にどうやれば弟子になれるか詰め寄る場面からストーリーは始まります。そこへ、八雲登場。「ウチの者がなにか失礼を?」と。その声に反応した与太郎。「せんせえ」と言って抱き着きます。そして、ムショで1年前、「死神」を聞いたことを言い、本日ムショを出たばかりで、「出てきたら今までに見た一番偉い人に付いていこうと決めたんだ。それがアンタだよ」と。八雲「お前さん 帰るトコロがないのかえ?」と。二人のやり取りを聞いていた松田(まつだ)という運転手が、「師匠、次のお仕事が…」と。チラッと与太郎を見て、「与太郎、ぐずぐずしねぇでさっさと乗んな」と。ここから二人の師弟関係が始まります。家に戻ると小夏(こなつ)という年頃の女がいます。不愛想だけど、居候している八雲の友人の娘。なんでも小さなころに事故で両親他界し、八雲が面倒を見ているのだとか。どうも小夏にも八雲と両親のことで何やら疑問に感じていることがあるようです。その真実とは?そして、八雲の家で何かと弟子入りして、勉強している与太郎に昔世話になった?兄貴分が訪れますが、与太郎の寄席を聞き、その後消えていきます。八雲師匠は、何をしたのでしょうか?♡弟子をとらなかった八雲と「死神」を聞いて落語世界にはまりこんだ与太郎とのストーリー~。師弟関係にもいろいろあるけど~落語が好きな方、お芝居が好きな方、必見です!最終的に八雲は与太郎を成長させ新内にさせることが出来るのでしょうか?また、八雲と亡くなった友人の娘との関係はいかに?気になるわぁ~皆さんも是非、読んでみてくださいね!

昭和元禄落語心中  漫画 感想・口コミ

刑務所帰りで行く当てもなく、ムショで聞いた「死神」を興じた八雲にほれ込み、弟子入りしてしまった与太郎。気になりつつ、実はアニメ放送を先に見てしまいました。とっても面白くて、漫画のお試しを読みましたが、本当に次が気になり、気づけば、八雲と与太郎の世界に入り込んでしまっていた私です。落語の世界を知らない方でも、きっとこのストーリーは楽しんでいただけると思います。皆さんも是非、この続き 呼んでみてくださいね。八雲は与太郎の事を例えるといぬっころみたいに可愛いと言ってます。そんな与太郎の成長、どんな新内になるのかとっても楽しみな作品です。

たった今読了したばかりですが、あまりの感動で、思わず書き込まずにいられませんでした。 漫画で大号泣したのは久々です。 本当に本当に、良いお話でした。 落語がわからない人でも楽しめる、というか、落語に興味が出ると思います。 また、落語に少しでも知識がある人は(有名な古典を数話くらい知っている程度でも)、出てくるネタがストーリーの展開にリンクするあたりも楽しめるハズ。 スマホで全部読んじゃいましたが、単行本を買い求めて宝物にしようと思います。 本当に、良い作品に巡り会えました。

八雲さんの色気がすごい‼ 引き込まれました。 粋で厳しくて優しくて。 寄席で落語を観てみたくなりました。

昭和元禄落語心中  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「昭和元禄落語心中」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「昭和元禄落語心中」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪