マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

羅刹の家ネタバレ結末感想あらすじ

<スポンサーリンク>

漫画「羅刹の家」を今回ご紹介。N県にある戸越香子(とごし きょうこ)の生家は俗言いう3世代が同居している古いタイプの旧家だった。彼女が幼少時代に体験したことが後々大人になっても、脳裏をかすめ、その光景は離れることがなかった。ある晩、香子一人が寝ていると、どこからか泣いている声が聞こえてきた。それは、香子の祖母の泣き声だった。自分の娘、香子からしたらおばにあたる人である敏江(としえ)おばさんが、布団の上で全裸で傷だらけで座っていた。なんでも、嫁ぎ先の姑が酷い折檻をしていた。気の弱い夫がいないその間に。夫は姑にアタマがあがらないという。敏江おばさんは父の妹で、去年の春、隣町の素封(そほう)家の家に嫁いでいた。強い性格の姑の折り合いが悪く、あげくの果てに家人の留守中に折檻されるようになったという。たまりかね、30キロもの道のりを一晩中歩き続けて実家に逃げ帰ってきたという。香子は小さいながらに、その姑を鬼のような人に違いないと布団をかかえて泣いた。香子は敏江おばさんが、たまたまそういう鬼のいる家に嫁いだ運の悪い人と解釈したが、思い違いだった。ある日、見てはいけないものをみてしまった。それは、香子の母親・涼子(りょうこ)が、姑の大切にしている櫛を大きな石を上から落とし、粉々にしてしまう場面だった。家に帰ると、姑が泣いていた。櫛は死んだおじいさんが初めて買ってくれたもので命の次に大切にしていたと…。涼子は『お母さまはこの頃ものをよくなくされるから…大丈夫 きっと見つかりますわ 私も探して差し上げますから』と優しい口調で言う。香子に母親の涼子は『将来不幸にならないためにもよく覚えておきなさい』『誰の心にも必ず羅刹が棲んでいるってこと…』香子も成長し、短大へ入学した頃、羅刹の意味を知った。そして、才女と言われた自分の母親がみそめられ戸越(とごし)家に嫁いだものの、自分の身内ばかりを盲愛する祖母に憎しみをこらえ続けていたことを知った。結婚って大変だとそう思い続けていた香子にも、愛する人が出来た。都津見(つつみ)開発の受付嬢になって2年目のことだった。果たして、どんな恋愛に発展していくのでしょうか?隣の芝生は青い、となりの家庭がうらやましいとか、結婚願望の強い方、嫁姑事情について知りたい方、必見です!どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「羅刹の家」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

羅刹の家(1)〈改修版〉: (生魚をかじる大姑)

著作:井出智香恵
5巻 完結/81話 完結

目次

羅刹の家  漫画あらすじ

 「誰の心にも羅刹(悪鬼)は棲んでいる!」……杳子は恋人・貴史と結婚式を挙げ幸せの絶頂にあった。だが、それは同時にこれから起こる悪夢のような日々の始まりでもあった……。



羅刹の家  漫画 登場人物 

★戸越香子

幼少の頃に体験した敏江おばさん、そして母涼子の羅刹。好きな人と結婚を考え、悩んでいます。どうしても羅刹が脳裏から離れることはなかったから。

 

★小椋貴史(おぐらたかし)

29歳。水星商事営業勤務。エリート。強い性格。目的のためには脇目もふらず邁進する頼もしい男性。

羅刹の家  漫画 ネタバレ

 

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「羅刹の家」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「羅刹の家」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

幼い頃おば様と母親の羅刹を見てしまった少女。嫁姑の世界で羅刹が渦巻く物語。羅刹の現場を見てしまった香子も大きくなり、好きな人が出来た。それは短大を卒業し、受付嬢として勤務し2年目のことだった。彼は小椋貴史。29歳。水星商事営業勤務。エリートで強い性格の持ち主。目的のためには脇目もふらず、邁進する姿にどうしようもなく魅かれてしまったからだという。ある日、ことをしたあとに貴志からプロポーズをされる。香子は、とうとう自分にも来たのかと感じた。もし彼の両親に気に入られなかったら、自分にも羅刹が修羅場がまっていることをー。武蔵野の面影を残すたたずまいーそれが貴志の実家だった。かれの家もまた旧家で、そのあたりでは知られた旧家であるという。香子は不安ととまどいを隠せない。どんな方だろうか…未来の両親に気に入ってもらえるだろうか…。貴史には妹がいた。貴志と同じマンションに住んでいるという。名前は沙江子(さえこ)という。挨拶は終わり、一見和やかな幸せな雰囲気に包まれたようなひと時だった。香子は自分は神経質になっていただけ、小さい頃みにくいものを見過ぎたからきっと…。姑にいじめられ足を血だらけにして逃げ帰ってきたおば、祖母を憎しみきっていた母親。しかし、貴史の家にはそんなものはない…と。結婚してもいいかな…この家族となら…。と、そこまでは良かった。が、冷凍されていた生魚をバリバリ食べる老婆の姿を見てしまった。それは、貴志のおばあさまの姿だった。姑は『このことは言わないで!おなかがすいて・・』と貴史の母親はその現場を目撃されてもなお、『また泥棒猫が出たようね、注意しているんですけど…』と。貴史も祖母の話しは一切しない。自分の実家にも貴志を連れて行くけど、モヤモヤしてたまらない。嫌じゃないけど、怖いのだ。ある夜。1本で電話がかかってきた。それは忠告ともとれる『閉じ込められた彼の祖母のことをみたでしょ?彼と、彼の家族が欲しいのは花嫁じゃない。あの祖母の世話をさせる家政婦が欲しいのだと。それでもよかったら、彼と結婚するのね』それだけいうと正体不明の女は電話を切った。香子の頭に『花嫁じゃなく…家政婦…?』またしても羅刹が頭をよぎり、不安が襲う。そんな時、またしても不吉な電話が鳴る。おとうさんから『おばあちゃんが死んだ』と。気の強かった祖母が5年間母親に世話され、亡くなったというのに、香子の父親から、『自分の母親が死んだというのに、正直肩の荷が下りた』と言われた。どうもここにも羅刹があり、父親もこれで自分の妻が羅刹から解放されたと安堵したのだろうか。なぜか、母親の表情も明るい、『お葬式はあさってよ、仕事の都合がつかなかったら無理して帰ってこなくてもいいのよ』と。そして、香子が尋ねると、『あの人が生きていたときより、いまのほうが幸せ…』と。翌日、貴史にそのことを伝えると、貴史も葬儀に出席するという。しかし、香子が一番知りたくたずねたく、それでも、とがめるのは、貴史の家でみた生魚をたべていたおばあちゃんのこと。そして、正体不明の謎の女の電話のこと。知りたいけど、嫌われたくなく、聞けない香子。母親はエリートで頭のきれそうな彼氏だけど、家庭は大丈夫かと、香子にきく。憎しみあうふたりの女が一つ屋根の下で暮らすことがどんなにすさまじいことかー香子にはそういう苦労させたくないという母親の心情だった。葬儀が終わり、如才なく父と母とそして弟…守(まもる)の心をつかみ先に帰っていった。そして、久々に母親と枕をならべた夜、事件はおこった。仏間で母親は祖母の写真をたたきつけガラスは飛び散り、バラバラになっていた。そして、弟がくれたドイツ土産のナイフ…姑の世話をしながら、毎日ナイフに触れていたと。20年間苦しんできた母親。恨みつらみ、胸に巣食う憎悪を消すため、祖母の布団までもそのナイフで切り刻んでしまう。最後の5年間は寝たきりで、塩分は控えめにと言われていたが、姑の死期を早めるために、わざと濃い味にしていたのだと。『結婚なんて間違うと…女を幸せにはしない…醜い羅刹にかえるだけよ』母親は言う。母親には、正直に貴史の家であったことを話した。彼は長男なら一緒に住むのではないのかと。そして、母親の言葉から、香子自身も考えがまとまり、彼に訊いてみるという答えを出したところに、またもや。弟の守から、彼女をあわせたいと言ってきた。彼女は佐山良子(さやま よしこ)。21歳。まだ母親には言ってないが、弟は彼女と結婚するという。彼女もまた、羅刹で苦しんできた幼少時代があったという。羅刹…この若い二人が、この問題から逃げることはできるのでしょうか?香子は貴史との結婚に踏み切るのでしょうか?それとも…。良子は香子の母親とうまくやっていくことができるのでしょうか?♡身近におきそうな出来事だから、リアルさ満載ですねぇ~。恋愛・そして、結婚の形もいろいろあるけれど~これから結婚する方、必見です!最終的に香子と良子はハッピーエンドになれるのでしょうか?気になるわぁ~皆さんも是非、読んでみてくださいね!

羅刹の家  漫画 感想・口コミ

隣の芝生は青く見えると言いますが、どこにも羅刹はあるみたいですね。もし、結婚前にわかってしまったら、あなたなら、それでも結婚しますか?愛のためなら…そう甘いものではない結婚生活。このストーリーのこの先がすごく気になります。断るにしても、どう乗り越えていくのか、羅刹の現場をかいまみている若い女性たちだから、自分は幸せになりたいと願う。が、因縁というものなのでしょうか?どうしても、この問題はさけて通れないのか…。みなさんも是非、この話の続き読んでみてくださいね。そして、結婚がまだの方、是非、修羅場だけは経験しないように、しっかり見極め、幸せな結婚してくださいね。

いつかは同居をしないといけないので、この内容にはとてものめり込みました。義母とは今はたまに顔を合わせるだけの仲なので上手くいってますが、同居となるとどうなるのか不安です。同居を控えている人にとってこの話は、良くも悪くも勉強になると思います。

嫁姑戦争を起こさないためには、関わらないこと。特に姑。上手くこなしている人を見るとそんな共通点があるような気がします。女の戦いはどんな所にも勃発する。それさえ実践できれば怖いものなしなんだけど…

羅刹の家  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「羅刹の家」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「羅刹の家」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪