読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

きょうのキラ君ネタバレ感想結末あらすじ

<スポンサーリンク>

漫画「きょうのキラ君」を今回ご紹介。ニノンと吉良は家は隣同士だが話したこともなかった。しかし、吉良があと1年の命だと知ったことで、二人の運命が交錯し始める。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「きょうのキラ君」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。 

きょうのキラ君(1) (別冊フレンドコミックス)

著作:みきもと凜
9巻 完結

目次

きょうのキラ君  漫画あらすじ

これは、人生でもっとも輝く365日の恋の話。『近キョリ恋愛』みきもと凜が一番描きたかった物語。――365日、瞬きするのもおしいくらい、あなたを見つめていくから。――肩にインコ(先生)を乗せた変わり者のニノと無意味な毎日を過ごす遊び人のキラ。家が隣同士なのに話したことすらなかった……。けれど、ニノがキラの秘密を知ったことから運命は交錯し、煌めく生の時を刻みはじめる――!!

 



 

きょうのキラ君  漫画 登場人物 

★岡村ニノン(おかむら にのん)

15歳、高1。前髪が長く目を常に隠している。肩に鳥の剥製を乗せていることから「鳥女」と呼ばれている。昔虐められたときにできた傷跡がひたいにある。

 

★吉良ゆいじ(きら ゆいじ)

 ニノンの隣に住む同級生。容姿はカッコいいが人を見下している。実は病気であと1年の命。

 

★先生(せんせい) 

 ニノンが肩に乗せている鳥。学校では剥製のアクセサリーを演じているが、実はめちゃくちゃおしゃべりなオカメインコ。

 

きょうのキラ君  漫画 ネタバレ

 

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「きょうのキラ君」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「きょうのキラ君」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

ニノンは明るくて可愛い女の子、ではなく、教室の隅にいる存在の薄い人間。肩に鳥の剥製を乗せていることから「鳥女」とあだ名がつけられ、不気味がられている。学校にはいろんな人がいて、一日中勉強ばかりしている人たちや恋話や自分磨きが好きな人たち、休み時間まで部活に励む人たち、それから、何も夢中にならない人たち。ニノンはそんな誰とも関わる気はなかった。誰もいない校舎裏で一人お弁当を食べる、、、一人ではなかった。肩に乗せていた鳥の剥製、実はニノンが小さい頃に拾ったオカメインコでニノンは「先生(センセイ)」と呼び、人の言葉を理解する天才で、学校にいるときは息を潜めてそばにいてくれる優しい男子だった。ニノンは家族とセンセイがいればそれで良かった。
夜、部屋で日記を書いていると外から物音が聞こえ、カーテンを開けると、隣の家の部屋で男女が抱き合っているのが見え、その男子と目が合ってしまい、慌ててカーテンを閉める。隣に住んでいるのは同じクラスの吉良ゆいじ。タイプでいうと何も夢中にならない人たちに分類される。家は隣だが話したことすらなかった。そんなとき、両親から大事な話があると切り出され、その隣に住んでる吉良ゆいじが来年お墓に入ってしまうという。病気であと1年で死んでしまうと聞かされ、学校で様子を見ててほしいと頼まれる。そんな話を聞かされても、間違いなのではと思うほど吉良はいつもの変わらない態度で、とても死ぬ人には見えなかった。また校舎裏で弁当を食べてセンセイとおしゃべりして騒いでいると、吉良が通りかかり、剥製のはずの先生が生きてることがバレてしまう。すると、そこに吉良を追うように吉良の彼女がやってきて「別れたくない」と吉良を引き止め始めた。その隙に、立ち去ろうと逃げるニノンだったが、吉良に捕まり「今こいつと付き合ってるから」といきなりキスされる。なんで鳥女と!と怒り彼女は去っていき、吉良も鳥が生きてることバラされたくないなら今のでチャラと言い去っていった。
その夜、センセイが復讐するといい、隣の吉良の部屋へ突撃しに行った。止めるニノンだったが、なかなか戻らないセンセイが吉良にいじめられていたらと思うと心配で吉良の部屋にベランダから進入し助けに向かう。すると、センセイはベランダにまだいて静かに部屋の中を見ていたが、吉良に気づかれてしまい、不法進入と詰め寄られる。ニノンは人と話すのが怖くて逃げようとしたが、部屋の机に薬が置かれているのを見て思わず「あなた死ぬのか!?」と聞いてしまった。吉良は一瞬驚いた顔をしたが、ただのビタミン剤だと言い、昼間の襲撃に来たのかと思ったと話し、ニノンがよく自分なんかにキスできたと自分を蔑んで話すと、吉良は窓をピシャリと閉め、自分を憐れぶってる人間は嫌いだと見下しカーテンも閉め遮断した。
次の日、学校で黒板を消していると足元にシールが落ちているのに気づき手に取ると、「シールがない!」と騒ぐ女子がいた。声をかけようとするが、昔誤解から虐められたという過去の記憶がよぎり、ただシールを持ったまま突っ立っていると、なんで鳥女が持ってるの?!と不気味がられてしまった。「憐れぶってる人間」と吉良に言われてしまったことが心に刺さるも、それでもニノンは誰とも関わりたくなかった。昼休み、いつもの校舎裏へ行くとすでに吉良が居座っていて地面に向けて携帯で写真を撮っていた。吉良の友達が話しかけると慌てて携帯を投げ捨てる。その携帯がニノンの方に飛んできて、写していた写真を見ると、アリがお菓子を運んでいる写真や美しい自然の写真かたくさん写されていて、どの写真も綺麗で可愛いくキラキラしていて美しかった。携帯を取りにきた吉良と出くわし、写真のことを褒めると、吉良も少し嬉しそうで、ニノンに普段から顔を上げた方がいいと、ニノンの前髪を搔き上げると額に大きな傷があることを知る。なんとなく察した吉良は「それは何かと戦ったってこと、すげーじゃん、おまえ」と言い、その傷跡に「たいへんよくできました」のシールを貼って笑顔で立ち去った。
教室へ戻ると足元にアリが歩いているのに気づくが、それを男子が踏みそうになってしまい咄嗟に男子を突き飛ばしてしまった。人と話すのが怖くて謝りもしないニノンに、男子は「マジ死んで欲しいわ」と言うと吉良が死ねとか軽々しくいうなと怒り、その男子と殴り合いの喧嘩になってしまった。謹慎処分にはならなかったが、今日は帰らされた吉良を皆は偉そうだと陰口をいうようになってしまった。授業が始まると急にセンセイが「死にたくない」と喋り出し、昨日、吉良がひとり部屋で泣きながら言ってたと話す。ニノンは教室を飛び出し、吉良を探し携帯の写真に写っていた東京タワーへたどり着く。すると、吉良は自分が築いてきた友情も薄っぺらく自分は孤独だと話し、大粒の涙を流しながら、死にたくない!一人は嫌だと泣いた。そしてニノンは近くにいた人にハサミを借り、勢いよく自分の前髪を切り、吉良を真っ直ぐ見て、吉良が死ぬまで自分がそばにいるといい、絶対一人にしないと誓った。吉良は少し安心したかのようにニノンを抱きしめた。

   

きょうのキラ君  漫画 感想・口コミ

絵が綺麗で可愛い。二人の仲がこれから深まっていくと思うけど、最後は悲しい結末なのでしょうか、、、。ハッピーエンドを願います。 

まとめ買いして読みました!! 泣きましたー! 最初は、インコがしゃべるちょっと変わったお話だと思ったけど、スゴいいい話。 1日1日大事に過ごそうと思えるお話です。 

世の中にこんなに泣ける少女漫画が存在するのか、と言うくらい私にとってはドンピシャでした。 キラくんの入院、ラブレター、未来へ繋げる結婚式、一つ一つの言葉に感動して、最終巻では暴れ泣き、身も心もボロボロに。(笑) 先生の死からビデオレターまで。 ずるい……ずるいぞ……!私の心を鷲掴みでした。 読んでみると止まらない漫画。相応しいと思います。

 

きょうのキラ君  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「きょうのキラ君」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「きょうのキラ君」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪