読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

ひるなかの流星ネタバレ結末あらすじ

<スポンサーリンク>

漫画「ひるなかの流星」を今回ご紹介。すずめは幼い頃から田舎育ってきた高校1年生。両親の都合で東京に住む叔父のもとにあずけられることとなった。
東京について早々迷子になり、公園で倒れたところを獅子尾に助けられる。獅子尾はチャラくてあやしい人と思っていたが、実は偶然にも転校した学校の担任だった。すずめは何かと助けてくれる獅子尾に惹かれるようになる。また、隣の席で初めての友達、馬村からも親しくなるにつれて仲が深まっていく。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。
「ひるなかの流星」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

ひるなかの流星 1 (マーガレットコミックス)

著作:やまもり三香
12巻 完結

目次

  

ひるなかの流星  漫画あらすじ

幼い頃に見た、真昼の空の流れ星。夢だったのか、それとも私の道しるべなのか──。 すずめは田舎に暮らす女の子。親の転勤で、東京の高校に転入することになりました。上京初日、慣れない東京で迷子になったすずめが出会ったのは…? 恋も友情も全てが未知の新生活が始まります!!




 

ひるなかの流星  漫画 登場人物 

★与謝野すずめ(よさの すずめ)

幼い頃から田舎で育ってきたが、突然親の都合で東京に住むおじさんに預けられ、東京の高校へ転校する。黒髪の三つ編みで真面目そうな印象だが、実はサボり魔。

 

★獅子尾 五月(ししお さつき)

すずめの担任。すずめのおじの諭吉の店の常連客。面倒見がよく、外見もよく生徒から慕われていてモテる。

 

★馬村 大輝(まむら だいき)

すずめの同級生で隣の席。実は女子が苦手ですずめにも冷たくあたる。

 

ひるなかの流星  漫画 ネタバレ

 

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「ひるなかの流星」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「ひるなかの流星」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

すずめは子供の頃に昼間に輝く星を見た。あの星は一体何だったのか、今となっては夢か現実かもわからない。
田舎の高校に通うすずめはよく授業をサボっていた。高校も中学校も小学校もほとんどが腐れ縁の顔ぶれ。コンビニもカフェも信号もない、自称「少し田舎」の町でぼんやりと安穏にただ日々は過ぎていくものだと感じていた。
帰宅し、夕飯を食べていると父がバングラデシュへ転勤になったと話してきた。母も父について行くという。そうなると、すずめはというと東京にいる諭吉おじさんの所へ預けるという話が進んでいた。「一人でここに暮らす!」と強く反抗してみたが、そんなことがまかり通るわけもなく、与謝野すずめ、15歳、いち早く巣立ちの時が訪れる。一人大きな荷物を抱え、列車に乗り東京へ着いたもののそこは異次元。とりあえず改札を出たところでおじさんに電話をかけると、迎えにきてくれているはずだったが仕事で来れそうになく、一人でおじさんの家まで帰っていてくれと言われる。電話で言われた道順を辿り歩いていたが、人の波に押されて転びそうになったところをチャラそうな若者に助けられる。すずめの格好を見て、荷物も多いし、暇だから荷物持ち手伝ってあげると近寄ってくるが、怪しすぎる言動に「結構です」と即刻その場を離れるすずめ。そして逃げ去った勢いで道に迷ってしまった。こういうこと昔もあったなぁと小学4年生の頃を思い出す。熱を出して早退して家に帰る途中で道に迷ったことがあり、そのとき昼間なのに流れ星が見え、興奮して追いかけてたら家の前に着いて、ワクワクしてドキドキしてずっと嬉しかったのを覚えていた。ふと目を開けると、誰かに背負われている気がする。そして気がつくと涙を浮かべて顔を覗き込む諭吉おじさんの顔が。久しぶりすぎて誰だかわからず戸惑ったが、すずめは諭吉おじさんの家の裏の公園で倒れていたらしく、お店の常連客が助けてくれたといい、その常連客というのが先ほど駅で会ったチャラい怪しい若者だった。なんという偶然と思いつつも、諭吉おじさんが気合いを入れて豪華な夕食を作ってくれたり、チャラい若者がまるごとバナナを買ってきてくれたりと、これからよろしくという気持ちが伝わり、勢いよく頬張るすずめは「ありがとうございます」と素直にお礼を言い、場は和やかになった。
チャラい若者が「またなチュンチュン」とすずめに変なあだ名をつけて帰っていった。「またな」ってどういう意味だろうと思うも、おじさんの恋人でないことを祈るすずめだった。
翌日、転校先の学校へ登校する。おじさんが心配で中までついて来ようとしていたが、さすがに断り、一人違う制服のまま教室へ向かう。ブレザーの制服の中、すずめのセーラー服の制服に三つ編みという髪型がダサいと影で笑われていると、ゆゆかという子が笑ったらダメと注意してくれたり、転校生に騒ぐ男子たちの中に興味ないと冷めている馬村という男子もいたが、そんなこと知ったことないすずめはズカズカと廊下の真ん中を歩き教室に向かっていると、「チュンチュン、転校生は先に職員室に行かなきゃダメだぞ」と呼び止められる。その変なあだ名は…と振り向くと「担任の獅子尾です」と昨日助けてくれたチャラい若者が昨日とは違う先生らしい格好をして立っていた。すずめの毎日は、流れ星のように輝く気がした。

 

ひるなかの流星  漫画 感想・口コミ

大好きな漫画です。最後の最後までどちらと付き合うのかわからなくて本当面白いです。

 

ひるなかの流星  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「ひるなかの流星」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「ひるなかの流星」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪