読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

とりかえ・ばやネタバレ結末あらすじ

<スポンサーリンク>

漫画「とりかえ・ばや」を今回ご紹介。ときは平安時代。権大納言の藤原丸光の2人の妻から同じ日に玉のように美しい姫君と若君が産まれた。双子ではないが2人はとてもよく似ており、姫君は「沙羅双樹の姫君」、若君は「睡蓮の若君」と呼ばれ、すくすくと成長するが、姫君は外で男童たちと走り回る活発で男らしく、若君は部屋で雛遊びを楽しむ女らしく育ってしまう。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「とりかえ・ばや」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

とりかえ・ばや(11) (フラワーコミックスα)

著作:さいとうちほ
11巻 まで配信/101話 まで配信

目次

  

とりかえ・ばや  漫画あらすじ

男らしい姫君と女らしい若君 それなら いっそ とりかえてしまいませう―――ベテランのさいとうちほが、新たな衝撃作をスタート! ”男女逆転ドラマ”の原型である古典「とりかへばや物語」を大胆にアレンジ。男として生きる女君・沙羅双樹と、女として生きる男君・睡蓮の禁断の運命は―――!?



とりかえ・ばや  漫画 登場人物 

★沙羅双樹、藤原涼子(さらそうじゅ、ふじわらのすずしこ)

睡蓮と同じ日産まれた異母姉。母は西の対屋に住む藤中納言の娘。生まれた日に庭に咲いていた沙羅双樹にちなみ、「沙羅双樹の姫君」と呼ばれる。多才で活発で勇ましい性格で父を悩ます。

 

★睡蓮、藤原月光(すいれん、ふじわらのつきみつ)

沙羅双樹と同じ日に産まれ、2人はとても似ている。沙羅双樹と異母弟。母は東の対屋に住む源宰相の娘。生まれた日に池に咲いていた睡蓮にちなみ、「睡蓮の若君」と呼ばれる。女の子の遊びを好み、大人しく、恥ずかしがり屋で実の父親に対してさえ怯えてしまうほど男が苦手。

とりかえ・ばや  漫画 ネタバレ

 

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「とりかえ・ばや」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「とりかえ・ばや」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

「とりかえばやのぅ」
千年前の平安時代、ぼやいた父親がいた。父親の名前は藤原丸光。丸光の父親は元・関白、兄は右大臣、本人は権大納言にして近衛大将という超上流貴族。権大納言は大きな邸宅を持ち、「東の上」と呼ばれる東の対屋に住む源宰相の娘と、「西の上」と呼ばれる西の対屋に住む藤中納言の娘という2人の奥方を置いていた。そして紫陽花が咲く頃、東と西の奥方が同時に子供が産んだ。西の対屋でいくらか急いで産まれた姫君はその庭に気高く咲く沙羅双樹にちなんで「沙羅双樹の姫君」と呼ばれ、東の対屋で少しのんびりと産まれた若君は東の対屋の池に美しく咲いていた睡蓮にちなみ「睡蓮の若君」と呼ばれた。違う母親から同じ日に男と女の玉のように美しい子が産まれるとはめでたいことだと丸光の父親も上機嫌だった。2人の赤子は双子でもないのに双子のようによく似ていて、きっと前世から強い絆で結ばれていたに違いないと不思議な仏縁を感じる丸光だった。しかし盛り上がる殿方をよそに「男女の双子は不吉ではないか」と騒ぐ者もいたが、双子ではないと諭す者もいた。
沙羅双樹の姫君と睡蓮の若君は成長するにつれ、更にそっくりに育っていった。
そして6年後、矢で木に実っているスモモを射抜く姫君、今度は射抜いた矢を取って来ると木に登り始めると「若君!危ない」と声を上げる使いの者たち。騒ぎに気づき丸光が駆けつけると姫君は取った木から降り、取ったスモモを丸光へ差し出す。丸光は黙って姫君の腕を引き、部屋へ連れ戻し話をする。なぜ女らしくできないのか、そのせいで皆、姫君のことを若君と思い込んでいるという。すると姫君は、雛遊びも貝合わせも編つぎも女の遊びはおもしろくないと言い、外で男童と飛び回っているのが好きだと言う。強情な性格は誰に似たのかと呆れつつ、姫君は主人の子であり、男童は使用人の子、遊びで危ない目に合わせてはいけない、守ってやる立場だと諭すと、意味を履き違え、そのとおりだと目を輝かせ、皆を守ると意気込む姫君だった。そんな姫君を周りの皆は若君だと思い込み、楽器も得意で、まだ幼いのに漢詩も作り、人懐こくなんでも興味を持つ、これほど賢く愛らしい若君はめったにいない、立派な跡取りなると期待していた。今更、それは姫君で本当の若君はこちらにいると言い出せない丸光だった。
一方、本当の若君はというと、女の遊びを楽しみ、丸光の姿を見ると恥ずかしそうに顔を隠し、女物の着物を引っ掛け隠れるのであった。これではまるでこちらが姫君のようだった。
なぜ姫君が男のようで若君が女のようなのか、何かの呪いか、報いなのか。悩んだ丸光は2人に鞍馬詣をさせることにした。姫君は女らしく、若君は男らしくなるように悪い縁を払う為、ぬかるんだ山道を輿を担いで登る使い達。すると突然天狗の面を付けた族たちが現れ、使用人達を切りつけていく。輿から投げ出された姫君は、女子のような悲鳴を上げ天狗に捕まってしまう、それを見て自分が助けなければと向かう姫君だったが、気を失ってしまい気づくと目の前には涙を流す若君がいた。どうやら2人は天狗の族たちにさらわれたようで、天狗の族たちは綺麗な姫より、綺麗な若君の方が高く売れると言う話をしていて、ガタガタと震えだす若君。すると姫君は逃げようと若君に声をかけ、その前に着物を交換しようと言い、2人は入れ替わった。姫君が男装し、矢で攻撃して気を引いている隙に、2人で手を取り合い逃げだす。捕まったら殺される、頼れるのはお互いだけ。2人は神に願いながら身を隠し、夜明けを待ち、どうにか家の者たちに発見され、無事に帰ることができた。2人の着物は入れ替わっていたが、丸光にはどちらが姫君で若君なのかすぐにわかった。もう無理強いはしない、助かってよかったと胸をなでおろす丸光は、これは運命の轍を勝手に回そうとした自分への罰だと反省し、なりゆきを天に任せることを決意した。そして、2人はそっくりの美しさでありながら、ますます姫君は男らしく若君は女らしく成長していく。

 

とりかえ・ばや  漫画 感想・口コミ

絵も綺麗でストーリーも面白く、世界観に引き込まれます

とても素敵な漫画です。これまでよんだなかでも、はまっています!!早く次が読みたいです!!!次の用意をおねがいします!!!!

話もテンポ良く、久々にハマりました。 中だるみも感じさせず、このまま走り抜けて貰いたいです。新刊が楽しみ。

 

とりかえ・ばや  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「とりかえ・ばや」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「とりかえ・ばや」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪