読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

銀座からまる百貨店お客様相談室あらすじネタバレ結末

<スポンサーリンク>

漫画「銀座からまる百貨店お客様相談室」を今回ご紹介。銀座の老舗百貨店「銀座空丸百貨店」で働く木洩田は、「お客様相談室」に配属される。室長や同僚からよアドバイスをもらい、苦情やクレームに向き合っていく。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「銀座からまる百貨店お客様相談室」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

銀座からまる百貨店お客様相談室(1) (モーニングコミックス)

著作:鈴木マサカズ 関根眞一
5巻 完結

目次

銀座からまる百貨店お客様相談室  漫画あらすじ

銀座に本店を構える老舗百貨店「銀座空丸(からまる)百貨店」に入社した木洩田一郎(こもれだ・いちろう)は、意に反して、怒りまくった客のクレーム対応に追われる「お客様相談室」に配属される。そこは、常軌を逸したクレームが怒濤のように寄せられるばかりでなく、室長をはじめとした部員たちも、木洩田の理解を超えた「つわもの」ばかりだった。未曾有の「苦情社会」に必読のリアルクレームエンターテイメント!



 

銀座からまる百貨店お客様相談室  漫画 登場人物 

★木漏田 一郎(こもれだ いちろう)

銀座空丸百貨店のお客様相談室に配属され、お客様からの苦情やクレームの対応をする毎日。

 

★框(かまち)

木漏田の先輩。普段は強気な性格。

 

★銀崎千次(ぎんざき せんじ)

銀座空丸百貨店のお客様相談室の室長。落ち着いていて、苦情やクレーム対応のプロ。

 

銀座からまる百貨店お客様相談室  漫画 ネタバレ

 

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「銀座からまる百貨店お客様相談室」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「銀座からまる百貨店お客様相談室」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

世の中には実に多くの苦情やクレームが存在する。少々困った苦情もあれば至極まっとうな苦情もあり、あっと驚く苦情もあれば涙を誘う苦情もある。そんな苦情やクレームの窓口であり配属されたくない部署第一位なのが銀座空丸百貨店のお客様相談室
木漏田は今、窮地に追い込まれていた。正座し頭をさげ下を向く木漏田と同僚の框を仁王立ちで上から睨みつけている和装の男性。手にはゴルフクラブを握りしめている。完全なる沈黙…。いや、いつまた激しく怒り出すかわからない緊迫した状況。とにかく相手を刺激しないように、誠意を持って一歩一歩手探りで相手の「人間」に近づいていこうと考える。そもそもなぜ自分がこんな目に合わなければならないのかと思っていると、思わず口からこぼれてしまった。「帰りたい…」。自分では何も言っていないつもりだったが心の声がダダ漏れだった。それは男性にも伝わり「何か言ったか?」と尋ねられるも何も言ってないと答えると「帰りたいと言っただろうが!!」と男性は怒り出し持っていたゴルフクラブで殴りかかってきた。思わず本音が出てしまったと訂正する木漏田に、今度適当なことを言ったらどうなるかわかってるだろうなと圧力をかけてくる男性。血圧が高いから怒らせるなと言われ、再び正座し、同じく隣で正座している同僚の框を見ると静かに震えているのがわかった。いつもは強気に見える框だが彼女もか弱い女性なのだからこのような状況に怯えるのも無理はない。軟禁されてどのくらい経っただろう。これはもう誰がどう見てもクレームの域を超えている犯罪行為だ。室長だって部下がなかなか戻らなければ不審に思うはず。こんな状況になった経緯はというと、それは数時間前のこと、お客様相談室に一本の電話が入った。買った洋服のボタンが取れていたというもので、早急に売り場に連絡し、新しいものと交換する対応を提案するも、もう必要ないから返品したいというものだった。購入は1か月前でレシートは手元にないと言う。そうなると返品は少々難しいことを伝えるとお客様は納得せず怒り出してしまった。すると、室長が電話を替わると言い、対応してもらうと室長は「ええ」「はい」「ええ」「はい」と繰り返し、最後に「この度はまことに申し訳ありませんでした。」と締め、電話を切った。そしてお客様にはご納得いただいたと言う室長。「ええ」と「はい」しか言ってないのに今の対応で解決したということが信じられないという表情の木漏田。そして室長は別件で訪問に行くからついてこいと言い、框と共に連れ出された。そして木漏田と框の二人だけでお客様のところへお詫びに行くように言われる。木漏田は訪問の経験がなく、その為に框が同行されることとなった。今回の苦情は食料品売り場の対応についてだという。昨晩、森元さんという77歳になるお客様が食料品売り場で合計1631円の買い物をしたが、レジの精算後に「白飯はやっぱりいらない」と返品を希望した。しかし、それに対応した年配のパート女性が白飯の値段242円を240円と見間違えて返金してしまった。帰宅後、そのことに気づいたお客様はすごい剣幕でお客様相談室に電話してきたというわけだった。ということは、その2円を返すためにお詫びに行くということなのだ。お詫びの品とメモ帳とペンを手渡され、とにかく重要なことは全て書き留めろという室長。声を荒げて凄んでくる相手ほど恐れることはない。そういうお客様はクレームのプロだから「わきまえ」を知っているということを覚えておけと言われる。とにかく謝るだけ謝って2円をお返しして早々に退散しようと考えていた木漏田。それがこのありさま。室長の話と全然違う…。室長がくれたメモ帳とペンなんて出す機会さえない。このままでは命の危険さえある。すると男性が「そもそもレジの教育はどうなっている」と質問してきたので、今朝全レジ係員と至急ミーティングを行い、金額の徹底をし、二度とこのようなことがないよう強く指導したともっともらしいことを言うと隣に座っていた框が「そんなミーティングあったっけ?」と言ってしまい、また嘘をついたのか!と余計男性を怒らせてしまった。嘘だったのだが「本当です、信じてください」と必死でシラを切るも信じてもらえなかった。そんな様子を室長は車の中から盗聴していた。実は木漏田に渡したペンに盗聴器が仕込んであったのだ。そんな中、トイレに行きたいと申し出る框。一人で逃げないよう念を押され、外部と連絡が取れないよう携帯も置いていくよう言われ退室する。その間も男性はずっと木漏田を睨みつけている。2円を叩きつけて帰りたいがそんなことをしたらクビになる。その前に殺される。たかが2円で殺されるのかと考えていると「たかが2円のために…」とまた心の声が漏れてしまった。これには男性の怒りが頂点に達してしまった。男性はゴルフクラブを振り回し、銀座空丸百貨店では1000円の品を998円しか持っていない客に売るのか?絶対に売らないだろう!と怒鳴りつける。木漏田は「おっしゃるとおりです」と答えるとやっとわかったかと、男性は胸を押さえながらその場に倒れてしまった。興奮して血圧が高くなってしまったようで救急車を呼ぶ木漏田だった。ようやく解放され外に出ると、室長がはじめての訪問はどうだったかと、のんきに感想を求めてきた。もう少しで殺されるところだったと、凄む木漏田の方を室長は優しくたたくのだった。

銀座からまる百貨店お客様相談室  漫画 感想・口コミ

クレーム対応のプロの方本当に凄いです。こんなに強いハートが欲しいです。仕事をする上で丁寧な対応が参考になります。

めっちゃ面白かったです!!不満を言うならば5巻で終わってしまうところ。。もっと読みたーーい!!!!!

自分自身もコールセンター勤務経験があるのでとっても楽しめました。クレーマーへの相談室の面々の対応が面白い!特に室長の対応はスカッとする!ただ、百貨店にもう一度足を運んで欲しいという信念からか、クレーマーに対して少し甘いのではとモヤモヤ感も持ちました。だけど、それも3巻のセリフ「お客様に勝っても負け、負けても負け」で、ハッとさせられました。なんというプロの百貨店相談魂!無理難題にどのように対応していくのかとても楽しめました!

 

銀座からまる百貨店お客様相談室  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「銀座からまる百貨店お客様相談室」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「銀座からまる百貨店お客様相談室」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪