読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

娘を売る街~昭和の赤線•吉原~ネタバレあらすじ結末

<スポンサーリンク>

漫画「娘を売る街~昭和の赤線•吉原~」を今回ご紹介。二千石の旗本、片倉清エ門の娘、片倉加恵は結納が決まり、半年後の祝言を待つのみだった。しかしある日、父が不始末の疑により切腹を申し付けられることになる。父の死により生活が一変する。借金の肩代わりに全てを没収され、挙げ句の果てに加恵も女郎として売られることになる。女郎としての生活に耐えられず死を決意した加恵の耳に、父がハメられて死んだという事実が分かる。意気消沈した心が怒に変わり、復讐を誓う加恵だが。。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「娘を売る街~昭和の赤線•吉原~」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

娘を売る街~昭和の赤線・吉原~

著作:安武わたる
1巻 完結

目次

 

娘を売る街~昭和の赤線•吉原~  漫画あらすじ

昭和の赤線を生きる女たちの悲哀を名手が描く衝撃作! 「指きりげんまん」昭和31年、吉原。「花之家」の藤江は己の性技一本でのし上がるが……。「吉原・投げ込み寺」女郎の子と知らず育った娘は、養い親が死んだことから生まれた見世に引き取られるが? 「吉原の赤い花」名家の令嬢が父親の死をきっかけに女郎に堕とされ……。「おちょろ舟」船上で春をひさぐ最下層遊女たち!



 

 

娘を売る街~昭和の赤線•吉原~  漫画 登場人物 

★片倉加恵(かたくらかえ)

二千石の旗本、片倉清エ門の娘。借金の肩代わりと父の不義の見せしめのため、女郎としての生活を強いられる

 

娘を売る街~昭和の赤線•吉原~  漫画 ネタバレ

 

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「娘を売る街」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「娘を売る街~昭和の赤線•吉原~」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

江戸時代。二千石の旗本片倉清エ門の娘、片倉加恵は、18歳になり結納を挙げ、なに不十なく暮らすお嬢様だった。しかしある日、父が不義を侵した罪により切腹を申し伝えられることになる。片倉家はとり潰され、一家は離散。親族は自分達まで被害が及ばないよう関係を断絶し、結納を結んだ佐々木家も我関せずと、助けてはくれなかった。更に、放心状態の加恵に、父の借金の話が上がり、借金返済の為には言うことを聞けと、急に松坂と言う男に犯され、見せしめに、小さな見せ物小屋に女郎として売られるのだった。日々体を売る加恵。ある日、耐えられず首を吊って死のうとした加恵の耳に、父が濡れ衣を着せられて死んだという事実を知る。しかも加恵を犯した松坂が主犯だと言うことも。怒りに震える加恵。父の無念を晴らす為には死ぬわけにはいかないと、復讐を誓う。女郎まで堕ちた彼女が見せる逆転劇がここから始まる。。ドン底から這い上がる姿に感動する作品。勇気と力をが欲しい人必見!

 

娘を売る街~昭和の赤線•吉原~  漫画 感想・口コミ

始めの加恵の人生が転落していく描写は、痛々しくて見ているのが辛かったけど、最後がハッピーエンドで終わって安心した

始めは、ドロドロしているのかなと思いつつ読みました、短編で、ラストは希望がある終わりで面白かったです。

最後の話すごく良かったです 最後がすごく…切なかったけど、好いた男の幸せのために身をひく優しさと頑張りが、1人の人が真人間になったのを見た気がして胸があたたかくなって嬉しく終わりました

 

娘を売る街~昭和の赤線•吉原~  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「娘を売る街」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「娘を売る街~昭和の赤線•吉原~」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪