マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

シンクロ~入り込む罪悪感~ネタバレ結末あらすじ

<スポンサーリンク>

漫画「シンクロ~入り込む罪悪感~」を今回ご紹介。冱花と六花は、幼い頃から「こわいモノ」が視えていた。いわゆる霊感が強いのだと思い込んでいたが、それは、他人の罪悪感から見える幻覚や幻聴、恐怖にシンクロしてしまい、自分たちも同じモノがみえてしまっていたのだと気づく。そして、その能力のせいで、ふたりは様々な事件に巻き込まれていく。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「シンクロ~入り込む罪悪感~」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

シンクロ?入りこむ罪悪感?

著作:坂辺周一
2巻 完結/34話 完結

目次

 

シンクロ~入り込む罪悪感~  漫画あらすじ

双子で美人な赤池姉妹は、生まれつき特異な能力を持っていた。それは、他人が罪悪感からみる幻覚や幻聴、恐怖にシンクロしてしまい、自分たちも同じモノがみえてしまうというもの。その能力のせいで、ふたりは様々な事件に巻き込まれてしまう……。――壊れていく人間たちの狂想曲。





シンクロ~入り込む罪悪感~  漫画 登場人物 

★赤池冱花(あかいけ いつか)

六花と双子。幼い頃から「シンクロ」により他人の心の罪悪感が形として見える

 

★赤池六花(あかいけ りっか)

冱花と双子。冱花と同じシンクロの能力がある。14歳の頃にこの力が霊感ではなく「人の罪悪感」が見えていると気づく。受付嬢をしている。

 

シンクロ~入り込む罪悪感~  漫画 ネタバレ

 

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「シンクロ」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「シンクロ~入り込む罪悪感~」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

子供の頃からそうだった。冱花と六花はすごい怖がりでよく泣いて外出を嫌がりよく周りの大人を困らせたりしていた。しかし、それにはきちんと理由があり、冱花と六花のふたりにはいつも何か得体の知れない「こわいモノ」が視えていたからだ。それはオバケだったり、幽霊だったり、死んでいる人だったり、毎回いろんなモノなのだが、なぜか決まって人混みに多くいた。そのため冱花と六花は保育園児の頃から立派な引きこもりで、そういうモノを一度も視えたことがない自分の家と保育園ぐらいしか行くところがなかった。しかし、冱花と六花は見てはいけないものを視てしまった。保育園の丸山先生の頭の上に視えたのは、水の中で苦しむ子供。「先生、嫌だって言ってる、その子水こわいって、お水に入れないで、もうしませんって言ってる」と伝えると、丸山先生は、どうして冱花と六花が知っているのかと青ざめた顔で二人の首を絞めようとしてきた。そこに別の保育士が声をかけ、冱花と六花は少し変わっていて、たまに変なことを言いだすけど気にしないで下さいと言う。そして冱花と六花に、丸山先生は前の園で辛い事故にあったばかりだから変なもののお話しないで、とても悲しいことが起きてまだそんな話に付き合えるほど元気じゃないのだからというのだった。冱花と六花は迂闊に人に視たモノを話してはいけないことを学んだ。そして、大きくなるにつれて自分たちは俗に言う霊感が強いのだと思い込んでいた。しかし、14歳になったある日、冱花と六花は突然、本当に突然、何もかも理解した。今まで繰り返してきたことが、場所が、状況が、何度も何度も視えてきたモノその全てがひとつのことを指し示していた。この世にオバケも幽霊もそんなもの居やしない、冱花と六花が視てきたモノは人間の心なんだと。人間の罪悪感がみせる幻覚や幻聴や、その人が見ている恐怖が、冱花と六花に視えていただけだったんだと、そして大人になった今、冱花と六花姉妹はリアルに理解する、自分たちは他人の罪悪感に「シンクロ」する能力があるのだと。
恵比寿タニロン食堂、六花は前からここに来るのを楽しみにしていた。友人と早起きして整理券に並んだ甲斐があったと喜んでいたが、食事を取ろうとすると、六花のお椀の中には目玉が浮いて他の具材もグロいものに変わっていた。こんなときに誰とシンクロしたのかとガッカリしていると、後ろの席の女性が吐きそうになる口元を抑えながら青ざめた顔で走り去っていった。一気に食欲がなくなる六花。今の今まであんなに楽しみにしていたのに、もういいやと食べるのを止めざるおえなかった。とびっきりの罪悪感だった。実は立ち去った女性は、自宅マンションで交際相手を殺し、その死体をバラバラにして冷凍し、その日はその凍った手足をハンマーで粉々に砕いていた。こんなになるまで自分を苦しめるあなたが悪いのだと、自分に言い聞かせるようにハンマーを振り下ろすのだった。

 

シンクロ~入り込む罪悪感~  漫画 感想・口コミ

ストーリーが面白かったです。ハッキリと殺したとは表現しないで、事故で亡くしたはずの子供が保育士に「水にいれないで」って言ってるという表現とか、こちらに考えさせる書き方が冒頭からとても引き込まれました。グロい描写も多く、ページをめくる度にドキドキしながら見てました。

かなり前に購入して読んで面白かった記憶があります。 久々に読み返してみたら、やっぱり面白かった。 1〜2話で読み切りになっているので読みやすいです。 続編が出てほしいなぁ…。

以前の作品はあまり好きでは無かったですが、今回は楽しめました。なんだかキャッツアイみたいな、絵もリアルですし、話のテンポも登場人物も楽しめます。連続ドラマに出来そうですね。

 

シンクロ~入り込む罪悪感~  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「シンクロ」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「シンクロ~入り込む罪悪感~」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪