マンガネタバレ結末!

オススメ漫画のあらすじ・感想・無料試し読み情報を配信(ネタバレ&結末あり)

【PとJK】 ネタバレ更新
<スポンサーリンク>

からゆき哀歌~異国に売られた日本の女たち~ネタバレ結末あらすじ

<スポンサーリンク>

漫画「からゆき哀歌~異国に売られた日本の女たち~」を今回ご紹介。貧しい村で生まれ育ったミキと幼馴染のゆりは1外国へ出稼ぎに行くこととなった。「外地へ行けば家族に楽させてやれる」と甘い言葉につられ、たくさん稼いで帰ろうと船へ乗り込むのだったが、それは密航だった。そして着いた先で待ち受けていたのは想像を絶する現実だった。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「からゆき哀歌~異国に売られた日本の女たち~」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

からゆき哀歌~異国に売られた日本の女たち~

著作:安武わたる
1巻 完結

目次

 

からゆき哀歌~異国に売られた日本の女たち~  漫画あらすじ

身売り哀史の名手が描く女たちの慟哭! <収録作品> 「南洋の撫子~からゆきさんの物語~」日本から異国へ遊女として売られていった女たち! 「奴隷海岸」黒人奴隷の悲惨な歴史……。 「囚われの羽衣」天女の羽衣をモチーフに描く淫靡なおとぎ話! 「白拍子~橘という遊女~」座敷で芸を売り春を売る女たちの悲話!




 

からゆき哀歌~異国に売られた日本の女たち~  漫画 登場人物 

★ミキ(みき)

故郷は貧しく、13歳になったことだし出稼ぎに出ようと決意。どんな仕事かも理解しないまま外国船へ乗り込む。気が強く度胸があり面倒見がいい。

 

★ゆり

ミキと幼い頃から一緒にいる泣き虫な女の子。ミキに頼りっぱなしのところもある。

 

★誠之介(せいのすけ)

外国船の雑役夫。密航してきたミキと出会い同郷ということで意気投合する。ミキからは「セイ」と呼ばれている。

 

からゆき哀歌~異国に売られた日本の女たち~  漫画 ネタバレ

 

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「からゆき哀歌」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「からゆき哀歌~異国に売られた日本の女たち~」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

明治末期、東シナ海。嵐により激しく揺れる船の中、船酔いをするゆりを「こんな揺れ平気、平気!こんな嵐は乗り切って南方で稼いで日本に帰ろう」と励ますミキ。ようやく海が静まった頃には、そこら中に嘔吐した後があり汚いと嫌な顔をする者もいた。吐き続けて、喉が渇いたとゲッソリしているゆり。一緒に船に乗り込んだ親方が水を持ってくると出て行ったきり、なかなか戻ってこない。もう待っていられないとミキが水を探してくると立ち上がると、勝手に行動して見つかったらどうするんだ!と周りから叱られ止められる。ミキたちは皆「密航者」なのだ。ミキたちの故郷は貧しく、どんなに耕してもろくに作物の取れない土、潮の加減で漁もできない海を抱えた故郷だった。そこへ「外地へ行けば300円の支度金が積める」と口入屋の親方が村へ来たのだ。米一升が10銭の時代、女は働いても月1円がやっとだった。外地に行けば毎日3度白い飯が食べられて、美しい着物を着て仕事をすれば家へは毎月100円も仕送られるという。周りは皆出稼ぎに出ている家も多く、ミキは自ら外地へ行くことを申し出る。家族は暗い顔をしていたがよく理解していなかったミキは気にならなかった。小さいときから一緒にいるゆりも父親がお金をもらってしまい外地へ行くことになり、妹分のゆりを守らなければと決意するミキ。頑張ってお金稼いで帰ろうとゆり励ますのだった。舟に乗り家族と別れるときになってようやく心細さから涙か溢れてきた。故郷が涙で霞んで見えた。舟から汽車へ門司の港から汽船に乗り込み、10数人に増えた少女たちは夜陰に紛れて外国船に乗り換えたのだが、何故か狭い暗い船底に入れられる。そして、それまで優しかった親方は目くじらを立てて、おとなしく見つからないようにしとけと怒鳴り散らす。警察の目をごまかす為、船員らを買収して女たちを密航させるのが彼らのやり方だったのだ。石炭の山に囲まれた真っ黒でイヤな匂いのするこんな場所にいったい何日隠れていろというのか。水と食料は差し入れるから大人しくしとけと言っていた親方だが、もう待てない。ミキは水を探しに上へ上がり、船の中を探し回ろうとしていたが、早々に見つかってしまう。船員に見つかれば海に捨てられる!と思ったが、その青年は密航のことを知っていて、ミキと同郷ということもあり意気投合する。彼の名前は誠之介といった。水と食料が欲しいことを伝え、船底に戻ると、親方が戻ってきており、ゆりにミキがどこに行ったのか言えと暴力を振るっていた。慌ててゆりを助けるミキだったが、勝手に行動したことを酷く叱られ殴られてしまう。更に殴られそうになったところを誠之介に助けられ、誠之介はそれからというもの度々皆に差し入れに来てくれるようになった。そして30日が過ぎた頃、ようやくマレー半島のペナンに入港した。誠之介にお礼が言えないまま別れたのが気がかりだったが着いた先は11月だというのに暑く、賑やかな街だった。案内された旅館には女の人がたくさんいた。親方は「奉公する」と言っていたが、何をするのかミキは分かっていなかった。ミキとゆりは13歳ならすぐ今日から働けると言われ、綺麗な着物を着せられるのだったが、なんだか変な感じがした。「客の言う通りにしろ」と言われただけで、放り込まれたのは青い瞳のおじさんの前。言う通りというのは?と考える間もなく、腕を掴まれ身動きが取れず悲鳴を上げるしかないミキだった。

 

からゆき哀歌~異国に売られた日本の女たち~  漫画 感想・口コミ

暗い歴史だから現実ではあまり詳しく触れられない話を再現していて、日本の過去の闇を知った。今の時代の女性差別を無くそうとする原点がここにあるのかと改めて考えさせられるストーリーでした。

様々な時代の、身を売る女性達のドラマが見られて良かったです!歴史考証の細かな正確性まではわかりませんが、歴史ドラマが好きなら楽しめると思います!

 

 

からゆき哀歌~異国に売られた日本の女たち~  漫画を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「からゆき哀歌」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「からゆき哀歌~異国に売られた日本の女たち~」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪